操作

日本基督教団神戸教会

ファイル:Kobe church01s3200.jpg
日本基督教団 神戸教会

日本基督教団 神戸教会(にほんきりすときょうだん こうべきょうかい)は、兵庫県神戸市中央区花隈町にある、日本基督教団兵庫教区神戸地区の教会

ファイル:Members of Kobe church in early Meiji.jpg
1874年頃の神戸教会の男性会員、この中に村上、今村謙吉、鈴木清、ギューリック宣教師がいると言われる。

1874年(明治7年)4月に、現在の神戸市中央区元町5丁目にて設立された摂津第一公会を起源とする、日本最古級のプロテスタント教会である。宗教団体法に伴う日本基督教団の成立により、日本組合基督教会から1941年日本基督教団第三部に加入する。

太平洋戦争の末期には 会堂が日本軍に接収され、外壁を黒く塗られており その外見は日本の敗戦後もしばらく続く。

洋画家小磯良平は、当教会員だったことがある。

教会堂

1932年に建設されている4代目の会堂で、スクラッチタイル張りの外壁に高い尖塔が聳える。礼拝堂には、パイプ総数1,438本のパイプオルガンを備える。

行事

  • 主日礼拝 - 毎週日曜日 10:15~11:15
  • 聖書研究会 - 第2火曜日 10:15~12:00
  • 聖書研究・祈祷会 - 毎週水曜日 19:00~20:00

関連団体

建築概要

  • 設計 - 原科建築事務所
  • 竣工 - 1932年
  • 構造 - 鉄筋コンクリート造2階建
  • 所在地 - 〒650-0013 神戸市中央区花隈町9-16

交通アクセス

関連項目

人物

教会

学校

その他

ギャラリー

外部リンク


座標: 東経135度10分51.5秒北緯34.689306度 東経135.180972度34.689306; 135.180972 テンプレート:阪神バンド