actions

掛川信用金庫


掛川信用金庫(かけがわしんようきんこ、英語The Kakegawa Shinkin Bank)は、静岡県掛川市に本店を置く、日本国内最古の信用金庫である。

概要

本店所在地は静岡県掛川市亀の甲二丁目203番地。

二宮尊徳の高弟である岡田良一郎が、地域振興を目的として1879年(明治12年)11月24日に設立した勧業資金積立組合が前身である。

静岡県遠州地方の中部(中遠)から東部(東遠)にかけての、中東遠地域を中心に掛川市・菊川市・御前崎市を主体に牧之原市・袋井市・磐田市・吉田町の6市1町に24店舗と1出張所を展開する。キャッチコピーは中東遠のコミュニティバンク。 通称は、かけしん。

2017年11月29日、島田信用金庫2019年3月を目処に対等合併すると発表した。新金庫の名称は「島田掛川信用金庫」とし、手続き上、掛川信金を存続金庫とするほか、掛川信金本店を新金庫の本店とすることも発表した。また役員人事では、新金庫の理事長に掛川の伊藤理事長、会長に島田の市川理事長がそれぞれ就任する[1][2]

沿革

  • 1879年(明治12年)11月24日 ‐ 勧業資金積立組合設立。
  • 1892年(明治25年)8月 ‐ 掛川信用組合に改組。
  • 1901年(明治34年)7月 ‐ 有限責任掛川信用組合に改組。
  • 1936年(昭和11年)1月 ‐ 保証責任掛川信用組合に改組。
  • 1950年(昭和25年)3月 ‐ 掛川信用協同組合に改組。
  • 1952年(昭和27年)3月 ‐ 掛川信用金庫に改組。
  • 1995年(平成7年)5月 ‐ 本店を掛川市連雀から掛川市亀の甲へ移転。

ATMについて

日本国内の金融機関としては初めて、当金庫では振り込め詐欺対策として、「ATMコーナーでの携帯電話の使用はご遠慮ください」という旨の告知をATMコーナーに掲示している 更に、当金庫のキャッシュカード利用者に対しては、任意でATMによる振込機能を停止するサービスも行われている[3]

在籍した人物

ハイフン以降はその他の代表的な役職を示す。

脚注

関連項目

外部リンク