actions

成長の限界

成長の限界(せいちょうのげんかい)とは、ローマクラブが資源と地球の有限性に着目し、マサチューセッツ工科大学デニス・メドウズを主査とする国際チームに委託して、システムダイナミクスの手法を使用してとりまとめた研究で、1972年に発表された。「人口増加環境汚染などの現在の傾向が続けば、100年以内に地球上の成長は限界に達する」と警鐘を鳴らしている。

有名な文として

人は幾何学級数的に増加するが、食料は算術級数的にしか増加しない

とある。これは時系列で考えると「人は子供が生まれてその子供がまた子供を生むので「掛け算」で増えていくのに対し、食料はある土地では年に1回それも同じ量しか生産出来ない、つまり「足し算」になるという概念に基づく(この文はもともとはトマス・ロバート・マルサスの『人口論』による)。

なおマルサスが論じた時点では肥料は伝統的な有機質肥料が中心であり、単位面積あたりの農作物の量に限界から農作物の量が人口増加に追いつかず、人類は常に貧困に悩まされるという現象は自明であったが[1]、1900年以降にハーバー・ボッシュ法などで化学肥料が安定供給されたことにより克服された[1]

脚注

関連図書

  • ドネラ・H・メドウズ『成長の限界—ローマ・クラブ人類の危機レポート』(ダイヤモンド社、1972年)ISBN 978-4478200018
  • 三浦義雄、『滅びのアテナ ~自然と人間社会とのかかわり~』(北樹出版、1998年)

関連項目

外部リンク


テンプレート:Env-stub


カテゴリ:環境書 カテゴリ:経済書 カテゴリ:持続可能性 カテゴリ:1972年の書籍 カテゴリ:生態経済学