操作

徳川氏

徳川家から転送)
徳川氏
家紋
徳川葵(定紋・将軍家)[1]
本姓 称・賀茂氏
称・清和源氏河内源氏義国流
称・藤原氏
家祖 徳川家康
種別 武家
華族公爵
出身地 上野国新田荘世良田郷徳川村[2]
主な根拠地 武蔵国江戸
尾張国
紀伊国
伊勢国
常陸国水戸
東京都
著名な人物 徳川家光
徳川光圀
徳川吉宗
徳川慶喜
支流、分家 御三家
 (尾張家紀州家水戸家
御三卿
 (田安家一橋家清水家
徳川慶喜家華族公爵[3]
凡例 / Category:日本の氏族

徳川氏(とくがわし/とくがわうじ、旧字体: 德川氏

江戸幕府の将軍家。その出自は賀茂氏とも,在原氏ともいい,明白でない。三河国松平郷に住み松平氏を称した。信重のとき,嗣子がないので,娘を新田氏の子孫と称する世良田 (せらだ) 親氏に配して松平氏を継がせた。戦国時代,清康のとき強大な勢力となった。広忠を経て家康の初期は今川氏に属したが,永禄3 (1560) 年桶狭間の戦い後,織田氏に属し,同9年徳川氏と改称した。織田信長の死後,豊臣秀吉と和し,天正 18 (90) 年関東に移封された。関ヶ原の戦いののち慶長8 (1603) 年征夷大将軍となり,江戸幕府を創設した。以来 15代 265年の間,子孫が将軍職を継承,武門の棟梁として継続した。将軍家のほか,徳川氏を称したのは,尾張,紀伊,水戸のいわゆる御三家と,田安,一橋,清水のいわゆる御三卿である。その他,徳川氏の庶流ならびに支族は松平氏を称した。なお,外様大名でも,松平氏の称呼を授けられたものがある。明治になって,将軍家は公爵,御三家は侯爵,御三卿は伯爵となった。



Rakuten 楽天市場検索:



  1. 「紋章・マーク・シンボル」野ばら社。
  2. 辻達也「徳川氏」『国史大辞典』(吉川弘文館
  3. 最後の当主徳川慶朝2017年平成29年)9月25日に、心筋梗塞により死去、後継者を欠いたため絶家。