操作

徳大寺忻子

徳大寺忻子(とくだいじ きんし、弘安6年(1283年) - 観応3年/正平7年2月1日1352年2月16日))は、後二条天皇中宮太政大臣徳大寺公孝の長女で、母は藤原喜子内大臣三条公親女)。異母弟に徳大寺実孝がいる。女院号は長楽門院(ちょうらくもんいん)。

生涯

乾元2年(1303年)、2歳年下の後二条天皇の女御として入内。嘉元元年9月24日(1303年11月4日)中宮に冊立された。しかし、天皇との間に子供はなかった。徳治3年8月25日(1308年9月10日)の後二条天皇崩御の直後に出家して、法名真実覚とした。延慶3年12月19日(1311年1月9日)女院宣下を受けて長楽門院と号する。観応3年/正平7年(1352年)、70歳で崩御。


テンプレート:女院