actions

後藤禎祐

後藤 禎祐(ごとう ていゆう、1953年 - [1])は、日本のプロダクトデザイナー京都市出身。2009年に株式会社テイユウゴトウ(Teiyu Goto, Inc.)を設立、代表取締役社長を務める[2][3]

概要・来歴

1977年金沢美術工芸大学産業美術学科(工業デザイン専攻)を卒業後、そのままソニー株式会社に入社[2]。これまでに工業製品などのデザインをいくつも手がけており、内閣総理大臣賞グッドデザイン賞などの受賞歴がある[2][4][注 1]

1994年2006年にかけては、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が発売した家庭用ゲーム機PlayStation」シリーズ(初代PSPS3までの据置型機)の本体および周辺機器コントローラなど)のデザインを手がけている[2][3][7][8]。また、ソニーのパソコンブランドとして1996年に「VAIO」のネーミングおよびロゴデザインを手がけ[注 2]、さらに翌1997年には「VAIO Note 505」(PCG-505)の本体および周辺機器のデザインも手がけている[2][3]。なお、VAIOの“VA”は正弦波アナログ)を、“IO”は2進法10デジタル)を表現しており、「アナログとデジタルの融合」がコンセプトとなっている[9]

2009年、ソニーを退社後に独立し個人デザイン事務所「株式会社テイユウゴトウ」を設立、以降同社の代表取締役社長を務めている[2][3]

これまでに手がけた主なデザイン

VAIOシリーズ関連
PlayStationシリーズ関連

ゲーム機本体だけでなく、コントローラなど周辺機器のデザインも手がけている。

脚注

注釈

  1. PlayStationシリーズでは、全てのデザインでグッドデザイン賞を受賞している[5][6]
  2. VAIOの一号機であるデスクトップPC「バイオマイクロタワーPCV-T700MR」は日本では1997年7月に登場しているが、アメリカでは前年の1996年に先行発売されている。

出典

  1. About Me(Teiyu Goto, Inc. - 2014年3月19日閲覧
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 あの人に聞く!ここだけの話 第9回:後藤禎祐 氏(株式会社ラルクス - 2014年3月19日閲覧
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 もの作り手触りにこだわる:ソニーの「プレステ」「VAIO」をデザインした 後藤禎祐さん(57)(読売新聞 石川エリア:アートを拓く(9) 2011年1月13日付 - 2014年3月19日閲覧
  4. 4.0 4.1 1998年度グッドデザイン賞:パーソナルコンピューター「バイオノート505 PCG-505GX/64」(Good Design Award - 2014年3月19日閲覧
  5. 1987年から1996年の時代背景とグッドデザイン賞 バブルから一転 新しい価値の時代(時代とデザイン:極める - どらく / 朝日新聞 - 2014年3月19日閲覧
  6. グッドデザイン賞検索「PlayStation」(Good Design Award - 2014年3月19日閲覧
  7. 7.0 7.1 PlayStationのデザイン(パラボラゲームス 2013年2月19日付 - 2014年3月19日閲覧
  8. 8.0 8.1 PSコントローラ◯×□△ボタン誕生にまつわる話(ギズモード・ジャパン 2010年8月28日付 - 2014年3月19日閲覧
  9. ロゴに隠されたメッセージ(テクブロ 2012年1月27日付 - 2014年3月19日閲覧

外部リンク