actions

後奈良天皇


後奈良天皇(ごならてんのう、1497年1月26日明応5年12月23日) - 1557年9月27日弘治3年9月5日))は、室町時代戦国時代の第105代天皇(在位:1526年6月9日大永6年4月29日)- 1557年9月27日(弘治3年9月5日))。知仁(ともひと)。

生涯

明応5年12月23日1497年1月26日)、権中納言勧修寺政顕の屋敷で誕生。

大永6年(1526年4月29日後柏原天皇崩御にともない践祚した。しかし、朝廷の財政は窮乏を極め、全国から寄付金を募り、10年後の天文5年2月26日1535年3月29日)にようやく紫宸殿にて即位式を行う事ができた。寄付した戦国大名後北条氏大内氏今川氏などである。

後奈良天皇は、宸筆天子の直筆)の書を売って収入の足しにしていた[1]。だが、清廉な人柄であったらしく、天文4年(1535年)に一条房冬左近衛大将に任命した際に秘かに朝廷に銭1万献金を約束していた事を知って、献金を突き返した。さらに、同じ年に即位式の献金を行った大内義隆大宰大弐への任官を申請したが、これを拒絶した。大内義隆の大宰大弐任命は、周囲の説得で翌年にようやく認めた。

弘治3年(1557年9月5日崩御。宝算61。

人物

慈悲深く、天文9年(1540年)6月、疾病終息を発願して自ら書いた『般若心経』の奥書には「今茲天下大疾万民多阽於死亡。朕為民父母徳不能覆、甚自痛焉。窃写般若心経一巻於金字、(中略)庶幾虖為疾病之妙薬 (大意:このたび起きた大病で大変な数の人々が亡くなってしまった。人々の父母であろうとしても自分の徳ではそれができない。大いに心が痛む。密かに金字で般若心経を写した。(略)これが人々に幾ばくかでも疫病の妙薬になってくれればと切に願っている。)」との悲痛な自省の言を添えている。また、天文14年(1545年)8月の伊勢神宮への宣命には皇室の復興を祈願するなど、天皇としての責任感も強かった。

三条西実隆吉田兼右らに古典を、清原宣賢から漢籍を学ぶなど学問の造詣も深かった。御製の和歌も多く、『後奈良院御集』『後奈良院御百首』などの和歌集、日記『天聴集』を残している。さらに、なぞなぞ集『後奈良天皇御撰名曾』は、貴重な文学資料でもある。

系譜

後柏原天皇の第二皇子。母は、勧修寺教秀の娘、豊楽門院・勧修寺藤子

系図

テンプレート:皇室室町

在位中の元号

諡号・追号・異名

「後奈良」は平城天皇の別称奈良帝にちなむ。父の後柏原天皇は桓武天皇の別称にちなんでおり、桓武 - 平城に対応した追号になっている。

陵・霊廟

(みささぎ)は、宮内庁により京都府京都市伏見区深草坊町にある深草北陵(ふかくさのきたのみささぎ)に治定されている。宮内庁上の形式は方形堂。

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

後世の評価

参考文献

出典

  1. 『母なる天皇―女性的君主制の過去・現在・未来』p137頁(第4章「非力で女性的な天皇像」、9「ソフトで柔弱な君主たち」)より。さらに本書は以下の2冊を出典としている。
    1. 林陸朗監修『歴代天皇100話』立風書房1988年、p240-243
    2. 松浦玲『日本人にとって天皇とは何であったか』辺境社1974年、p63-64。
  2. “皇太子殿下お誕生日に際し(平成29年)”. 宮内庁. (2017年2月21日). http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/9 

関連項目