actions

元寇

弘安の役から転送)

元寇(げんこう)

鎌倉時代中期,が日本に来攻した事件。文永・弘安の役ともいい,当時の史料的表現では「蒙古襲来」という (蒙古襲来絵巻 ) 。

元は,高麗を征服後,高麗を媒介にたびたび日本に服属を迫り,幕府が拒否したため,文永 11 (1274) 年,弘安4 (1281) 年の2度,モンゴル,高麗などの連合軍で北九州に来攻した (前者は文永の役,後者は弘安の役) が,いずれも失敗。幕府は文永の役後,武士に恩賞を与え,異国警固番役,石築地 (いしついじ。防塁) など,博多湾沿岸の防備体制の強化,九州諸国守護職の北条氏一門への集中,弘安の役後は,加えて鎮西奉行の設置などを行なった。そのため九州御家人には,多大の軍事的,経済的負担を負わせ,また,庶子の独立化,惣領制の弛緩など,武士社会に深刻な状況を招いた。