actions

広小路通 (名古屋市)

ファイル:Nagoya Hirokoji-dori in Chikusa.jpg
広小路通(千種区の末盛通2丁目交差点付近にて)

広小路通(ひろこうじどおり)は、名古屋市内にある大通りの一つで、中村区名駅南の笹島交差点から千種区東山通地下鉄東山線東山公園駅(東山公園前交差点)まで市内を東西に横断する道路(愛知県道60号名古屋長久手線の名古屋市内中心部区間)であり、名古屋を代表するメインストリートである。なお一部区間で覚王山通末盛通と呼ばれることがある。その先は東山通と呼ばれ、東名高速道路名古屋インターチェンジなどを経て長久手市との境界に至る。 千種区池下までは名古屋市道錦通が北側に並行している。錦通との並行区間には地下鉄の駅(伏見駅・栄駅・今池駅・池下駅のみ)出入口があるが、この道路の下を地下鉄は通っていない。

由来

名古屋のメインストリート広小路通は、もともと清洲越しの際に碁盤割南端に敷設され、当初は堀切筋と呼ばれていた。また、当時は東西で久屋町 - 長者町間しかなかった。現在では愛知県尾張地方(名古屋)から愛知県道6号力石名古屋線(有料区間の猿投グリーンロードを含む)[注釈 1]国道153号を介して三河地方(豊田市北部一帯[注釈 2])、さらには長野県南信地方飯伊地域まで繋ぐ東西の大動脈として機能する目抜き通りとなっている。

その後、1660年万治3年)正月、名古屋城下の半分を焼き尽くした万治の大火(左義長火事)が起き、これを機に、道幅が3(約5.5m)から約15間(約27.27m)に広げられた。これにより、広小路と呼ばれるようになった。この際に広小路の中央部を掘って堀川と繋ぐ運河の計画が立てられたが、実行には移されなかった[1]

名称

広小路通は場所によって様々な呼び名がある。

西端 東端 呼称
名古屋駅 池下駅周辺 広小路通(名古屋市中村区中区千種区
池下駅周辺 覚王山駅周辺 覚王山通(名古屋市千種区)
覚王山駅周辺 本山駅周辺 末盛通(名古屋市千種区)
一社駅周辺 「大久田東」交差点[注釈 3] 東山通(名古屋市名東区)

東山通から名古屋長久手線に変わる場所は市民の間で一定せず、星ヶ丘駅周辺・上社駅周辺・長久手市内などまちまちである。また、上記を使わず全体(あるいは名古屋駅より東側)を「広小路通」及び「東山通」と呼ぶことも多い。 別称としては名古屋市東部(千種区名東区周辺)や長久手市付近では主に豊田市足助方面に向かう東向き車線を「グリーンロード」と呼称する住民もいる。

交差する道路

交差する道路 交差する場所
津島方面
愛知県道68号名古屋津島線(太閤通) 中村区 名駅南 笹島交差点
名古屋市道愛知名駅南線(名駅通
名古屋市道江川線(江川線) 柳橋交差点
国道19号伏見通 中区 広小路伏見交差点
名古屋市道本町線(本町通) 広小路本町交差点
大津通 栄交差点
久屋大通 広小路久屋西交差点
広小路久屋東交差点
名古屋市道堀田高岳線(空港線) 新栄 東新町交差点
国道153号(葵町線) 広小路葵交差点
名古屋市道赤萩町線 千郷町交差点
名古屋市道名古屋環状線(環状線) 千種区 今池 今池交差点
愛知県道30号関田名古屋線 末盛通 末盛通交差点
山手グリーンロード 本山 本山交差点
愛知県道60号名古屋長久手線東山通 東山通 東山公園口西交差点
長久手方面

交通量

  • 名古屋市千種区東山通二丁目:44,073台(2005年度)[WEB 1]

備考

明治時代日露戦争戦勝記念として現在の広小路本町交差点付近に広小路凱旋門が建設された[WEB 2]

名古屋まつりの郷土英傑行列及び、中日ドラゴンズの優勝パレードは名駅前の笹島交差点から栄の広小路久屋東交差点までの区間を通行する。

1989年開催の世界デザイン博覧会を契機に、電線類地中化がなされた[WEB 3]

大正から昭和初期にかけて、広小路通の納屋橋付近を散策することを銀ブラになぞらえて広ブラと称していたが、高度経済成長期に沿道に数多く存在した屋台が姿を消したのに伴って死語となった。しかし近年、沿道の商店街を中心に行政が協力し、その復活に向けた取り組みが行われている。

2007年8月26日中日新聞朝刊によると、広小路伏見交差点(伏見通(国道19号)との交差点)より栄交差点(大津通との交差点)まで約800メートル区間を現行の車道4車線から2車線削り、遊歩道を増幅するという市の計画案が掲載された。増幅部には人工河川を流しヒートアイランド現象を防ぐ効果が期待されるが、年中混雑の激しい地域なだけに、近隣道路への影響が懸念されており、現在の計画は凍結状態のままである。

沿線の主な施設

中村区

中区

千種区

名東区

脚注

注釈

  1. 長久手市の「杁ヶ池」交差点より東側。
  2. 2005年に豊田市と合併した旧藤岡町小原村足助町旭町稲武町も含む
  3. 交差点の北側は名東区宝が丘照が丘、南側は長久手市熊田

出典

WEB

書籍

参考文献

  • 『開府400年記念特別展 名古屋400年のあゆみ』 名古屋市博物館、名古屋市博物館、2010年。全国書誌番号:21729528

関連文献

外部リンク