actions

平成16年台風第21号

テンプレート:台風 平成16年台風第21号(へいせい16ねんたいふうだい21ごう、アジア名:メアリー〔Meari、命名国:朝鮮民主主義人民共和国、意味:やまびこ〕)は、2004年(平成16年)9月に発生し、日本に上陸した台風である。秋雨前線と複合したために豪雨となり、三重県愛媛県を中心に大きな被害をもたらした[1]。後に、激甚災害に指定された。

概要

9月22日午前3時にグアム島の西海上で発生[2]。台風は発達しながら北西進を続け、26日にかけて沖縄に接近した。沖縄近海では進路が定まらなくなり27日午前中にかけて停滞するなど複雑な進路を取ったが、次第に進路を北東に変えて東シナ海を進み、29日午前8時半頃に中心気圧970ヘクトパスカル、最大風速30m/sの勢力で鹿児島県串木野市付近に上陸した[2]。台風は九州から四国地方を暴風域に巻き込み、午後3時過ぎ高知県宿毛市、午後8時半頃大阪府大阪市に再上陸し、近畿地方から北陸東北地方へと進み30日9時には宮城県気仙沼市から三陸沖へ抜け、温帯低気圧に変わった[2]

ファイル:Meari 2004 track.png
台風第21号の進路

被害

脚注

関連項目

外部リンク

テンプレート:2004年の台風