actions

帰結主義

帰結主義(きけつしゅぎ、英語: consequentialism)とは、行為道徳的に判断する際に、その行為から生じる帰結(結果)を考慮に入れる立場を指す。功利主義は、帰結主義のひとつの立場である。俗に結果主義と呼ばれることもある。

帰結主義の定義

帰結主義という言葉はG. E. M.アンスコムが1958年の論文「近代の道徳哲学」で用いた造語である[1]。それ以来、帰結主義は英語圏の道徳理論を通して一般的になっている。

  • 何が帰結の価値を決めるのか?言い換えれば、何をよい事態として数えるか?
  • 誰が、何者が、道徳的行為の第一の担い手となるのか?
  • 何が行為の帰結であるのかを誰が判断するのか、また、いかに判断するのか?

帰結の種類

様々な帰結主義を分類する一つの方法は、帰結の種類による分類方法である。

  • 快楽
  • 幸福
  • 選好

誰における帰結か

道徳的行為は常に特定の人々や事物に影響をもっている。これが帰結と言われるものである。帰結主義の様々な種類は、善い帰結の担い手によって区別できる。つまり「誰における帰結か」と問うことができる。

  • 行為者中心的か行為者中立的か
  • 人間中心的?

道徳的判断の見地

帰結主義のような多くの規範的道徳理論の一つの重要な特徴は、実践的な道徳判断を生み出すその能力である。少なくともどの道徳理論も、帰結の善が定められる見地を定義する必要がある。ここで第一に問題になるのが行為者の責任である。

  • 理想的観察者
  • 実際の観察者

帰結主義の種類

脚注

  1. Anscombe, G. E. M.. "Modern Moral Philosophy". Philosophy 33: 1-19. (January 1958).

外部リンク

テンプレート:IEP