actions

岩田和親

岩田 和親(いわた かずちか、1973年9月20日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。元佐賀県議会議員(3期)。

来歴

佐賀県佐賀市生まれ。佐賀県立佐賀西高等学校九州大学法学部卒業。大学在学中に、佐賀県議会議員を務めていた父・岩田英則が死去し、それをきっかけに政治の道を志した[1]。大学卒業後は経営コンサルタントの大前研一の秘書を務める[2]1999年、佐賀県議会議員選挙に出馬し、佐賀県政史上最年少の25歳で初当選した[2]。以後、3期連続当選。

2010年自由民主党の佐賀県第1選挙区支部長に就任し、党公認を受ける。2011年の佐賀県議選には立候補せず、2012年第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で佐賀1区から出馬。民主党前職の原口一博総務大臣を約7千票差で破り、当選した。2014年第47回衆議院議員総選挙では、前回破った民主党の原口一博に佐賀1区で敗れ、重複立候補していた比例九州ブロックで復活し、再選[3]2017年第48回衆議院議員総選挙では、再び原口一博に佐賀1区で敗れたものの、比例九州ブロックで復活し、3選。

政策・主張

人物

所属団体・議員連盟

脚注

外部リンク