操作

岡倉登志

岡倉 登志(おかくら たかし、1945年 - )は、日本の歴史学者大東文化大学文学部名誉教授。専門は、西洋政治史、アフリカ史、 ヨーロッパ・アフリカ関係史。
曾祖父は美術評論家の岡倉天心。天心研「鵬の会」代表。

略歴

千葉県出身。1974年明治大学政治学研究科博士課程単位取得退学。1975年にセネガルギニアナイジェリアなど西アフリカに半年滞在、その後もエチオピアジブチケニアタンザニアで数回の調査・研究旅行を行う。1988年4月より2011年3月まで大東文化大学文学部教授。

2002年には天心研究会「鵬の会」を結成し、『東洋文化』(大東文化大学東洋研究所)、『五浦論叢』(茨城大学五浦美術研究所)、『LOTUS』(日本フェノロサ協会)、『鵬』に論文を発表したり、講演を行うなど、近年は曾祖父である岡倉天心の研究にも力を入れている。

著書

単著

編著

  • 『アフリカ史を学ぶ人のために』 世界思想社、1996。
  • 『ハンドブック現代アフリカ』 明石書店、2002。
  • 『エチオピアを知るための50章』 明石書店、2007。

共著

  • 北川勝彦) 『日本-アフリカ交流史 明治期から第2次世界大戦期まで』 同文館出版、1993。

共編

外部リンク