actions

岐阜県先端科学技術体験センター

岐阜県先端科学技術体験センター(ぎふけんせんたんかがくぎじゅつたいけんセンター)は、岐阜県瑞浪市にある科学館である。通称サイエンスワールド

1999年(平成11年)7月9日に開館。岐阜県により設置され、指定管理者は財団法人岐阜県研究開発財団。建物の設計は県の総務部管財課、建築家仙田満と環境デザイン研究所が担当。エントランス部が遠心分離機をモチーフとした外観となっているのが特徴で、2000年の中部建築賞を受賞している。総工費32億円。利用者は、県内外を問わず、遠くは福井県・滋賀県・大阪府などからの利用者も多い。

施設

  • 建物構造:RC造地上2階建(1部3階建)
  • 敷地面積:7,106m2 延床面積:5,970m2
  • 構成
    • レクチャーラボ
      • サイエンスショーが行われる劇場。
    • サイエンスラボ
    • ミュージアムショップ「理科ちゃん」
      • 実験・工作などの商品が販売されている。
    • スペシャルラボ
      • 液体窒素製造装置や走査型電子顕微鏡がある実験室。
    • 科学図書館
      • 蔵書約3,000冊。
    • 研修室
    • レストコーナー

提供されるコンテンツ

  • 平日
    • 大型科学実験ショー(要予約)
    • 学校対応の科学実験および工作  
    • 主婦の科学体験・工作(例:とんぼだま、草木染め、せっけん作り)
  • 土日
    • 大型科学実験ショー2種類
    • 実験・工作6種類
    • 特別企画実験

出前実験

毎週岐阜県内のどこかで実験をやっている。学校・公民館・図書館など。

発行紙

科学遊々:旬の科学に関する話題や、家庭で出来る実験の紹介。プレゼント付き科学クイズなどが掲載されている。

その他の活動

過去にNPO法人日本サイエンスサービスと協力し、青少年のための科学自由研究をサポートしていた(指定管理者制度に移行してからは行われていない)。 東海地区の科学館職員のサイエンスショー研修会場所でもある。 愛知県など他県でもサイエンスショー活動をしており、県外にファンが多い。

交通

外部リンク