actions

山陽特殊製鋼


山陽特殊製鋼株式会社(さんようとくしゅせいこう、: Sanyo Special Steel Co., Ltd.)は、兵庫県姫路市を拠点とする鉄鋼メーカー(特殊鋼メーカー)。新日鐵住金グループの企業である。

概要

電気炉によって特殊鋼(合金鋼)を製造する、特殊鋼メーカーと呼ばれる鉄鋼メーカーである。中間製品である粗鋼の生産量(2006年度)は約104万トンで、日本国内では第17位の規模を持つ。製品の鋼種は、軸受に使用される軸受鋼や、機械部品に使用される機械構造用鋼工具に使用される工具鋼、ながしなどのキッチンシステムに使われるステンレス鋼など。これらの鋼の棒鋼線材鋼管(シームレス鋼管)・鍛造品や、素形材・金属粉末などを製造する。特に、軸受鋼は日本国内シェアトップで3割強を占める[1]

1933年(昭和8年)創業。1959年(昭和34年)に現社名となるまでは「山陽製鋼」を名乗った。1965年(昭和40年)に一度倒産するが、その後更生に成功している。1953年(昭和28年)に新日鐵住金の前身である富士製鐵が資本参加して以降、旧・新日鉄の系列企業であり、2006年(平成18年)に新日鉄が山陽特殊製鋼株式の保有比率を高めたため、旧・新日鉄の関連会社となった。

本社および製造拠点の工場は、兵庫県姫路市にある。支社東京都江東区(深川ギャザリア)にあり、大阪市・名古屋市・広島市の3都市に支店を構える。

社内のスポーツ部には、全日本実業団対抗駅伝競走大会への出場経験のある陸上競技部(山陽特殊製鋼陸上競技部)があり渡邊和也も所属していた。かつては野球部があり、大根晃(元大阪タイガース)などのプロ野球経験者が所属していた事もあった。

沿革

主な関連企業

  • 陽鋼物産株式会社 - 鋼材や原料・資材などを扱う商社。1974年設立。完全子会社。
  • サントク精研株式会社 - 磨棒鋼の加工を行う。2000年設立。山陽特殊製鋼が55%、日鉄住金物産が45%出資。
  • サントクコンピュータサービス株式会社 - ユーザー系システムインテグレーター。1990年設立。完全子会社。
  • SKJ Metal Industries Co., Ltd. - タイを拠点に特殊鋼製品の加工・販売を行う。1990年設立。
  • P.T. SANYO SPECIAL STEEL INDONESIA - インドネシアを拠点に製品の加工・販売を行う。1995年設立。
  • Advanced Green Components, LLC - アメリカを拠点に製品の加工を行う。2002年設立。
  • 寧波山陽特殊鋼製品有限公司 - 中国を拠点に製品の加工・販売を行う。2001年設立。

不祥事

コンプライアンス違反など

  • 同社は2000年以降12年間、姫路市内の産業廃棄物最終処分場に、工場から生じた鉄屑電気炉で使用する耐火煉瓦型枠など)を累計で1473トンを不法投棄していたことが、2012年になって発覚した。同社は同年3月末に市から指摘を受けたにもかかわらず、その後も投棄を継続していた模様で、兵庫県警察も実態解明に向け、同社本社を家宅捜索するなど捜査を開始している[2][3]

脚注

  1. 日刊鉄鋼新聞
  2. 12年間で規定外の鉄くず1473トン投棄 山陽特殊製鋼 産経新聞 2012年9月6日
  3. お知らせ 山陽特殊製鋼ニュースリリース 2012年9月10日

関連項目

外部リンク