actions

山岡荘八


山岡 荘八(やまおか そうはち、1907年1月11日 - 1978年9月30日)は、日本の小説家作家歴史小説を中心に活躍。本名は藤野 庄蔵(ふじの しょうぞう)。従四位勲二等瑞宝章叙勲。

自由党衆議院議員山岡賢次は養子[1]国民民主党衆議院議員の山岡達丸は孫。

経歴

新潟県北魚沼郡小出町(現:魚沼市)の山内家に生まれる。1918年川で泳いでいて前額部を強打、瀕死の重傷を負い後々までこぶとして残る。1920年高等小学校を中退して上京、博文館印刷所で文選工として働きつつ逓信省の研究所に学ぶ。1924年より印刷・製本業を始め、1932年万里閣に入社し、雑誌『ギャング』を編集、「変態銀座デカメロン」を連載。1933年後妻として迎えた妻の実家である加賀安宅(現、石川県小松市)の藤野家に入り、以後、藤野姓を名乗る。妻は筆名山岡道枝。長谷川伸に入門、山岡荘八の筆名を用いる。

1938年に「約束」で「サンデー毎日大衆文芸」入選。長谷川伸の新鷹会に入会。1939年初の著書『からゆき軍歌』を上梓。1942年より従軍作家として各戦線で活動。『海底戦記』その他で野間文芸奨励賞受賞。

戦後、公職追放となる。1950年より「北海道新聞」に『徳川家康』を連載、のち「中部日本新聞」「神戸新聞」などに拡大。1953年より単行本の刊行が始まり、ベストセラーとなる。1958年中日文化賞1963年新鷹会理事。1966年文壇長者番付一位、自衛隊友の会会長となる。1967年『徳川家康』が完結し、長谷川伸賞受賞、昌平黌短期大学名誉学長。1968年第2回吉川英治文学賞を受賞。1973年紫綬褒章受章。

保守系の政治家や文化人との付合いも多く、1963年には麻薬追放国土浄化連盟福田恆存市川房枝田岡一雄田中清玄らと結成。1974年には谷口雅春岡田光玉朝比奈宗源らとともに「日本を守る会」(のちの日本会議)を結成する。自衛隊友の会会長も務めていた。1976年天皇在位五十年奉祝実行委員長。

1978年9月30日、ホジキン病に急性肺炎を併発し、東京都豊島区上池袋の癌研究会総合病院で死去。戒名は山岡院釈荘八真徳居士[2]。没後従四位勲二等瑞宝章。

作品

  • 『男の恋』近代小説社(近代小説文庫)1938
  • 『太田収伝』春日書房 1939
  • 『からゆき軍歌』博文館 1939
  • 『母の行く道』読切講談社 1940
  • 『焔の跫音』博文館 1941
  • 『隅田の灯』三杏書院 1941
  • 『丹那トンネル』博文館(小説選集) 1942
  • 『男の餞別』三杏書院 1942
  • 『炎の生活』佃書房 1942
  • 『海底戦記』第一公論社 1942 のち中公文庫
  • 『新しき奔流』錦城出版社 1942
  • 『軍神杉本中佐』講談社 1942
  • 『四億の一人』成武堂(国防文芸叢書) 1942
  • 『太陽』春江堂 1942-1944
  • 『御盾』講談社 1944
  • 『元帥山本五十六』講談社 1944
  • 『空の艦長』偕成社 1944
戦後
  • 『竜胆』洋洋社 1947
  • 『街の太陽』春江堂 1948
  • 『家庭の旗』鷺ノ宮書房 1948
  • 『花は語りぬ』湊書房 1948
  • 『花を吹く風』中川書店 1948
  • 『謎の秘卷』むさし書房 1948
  • 『怪傑小天狗』光文社 1949
  • 『怪童不動丸』偕成社 1950
  • 『鐘鳴りやまず』新小説社(新小説文庫) 1951
  • 『真珠は泣かず』東方社 1951
  • 『元禄地獄変』同光社磯部書房 1951
  • 『胸に花をおけ』ポプラ社 1952
  • 『この鐘を打て』講談社(少年少女評判読物選集) 1952
  • 『千葉周作』東方社 1952-1954 のち山岡荘八歴史文庫
  • 『花粉の海』東方社 1952
  • 『八幡船』東方社 1952
  • 『日蓮』東方社 1952 のち講談社文庫、山岡荘八歴史文庫
  • 『紅白梅双紙』東方社 1953
  • 『緑の花垣』東方社 1953
  • 『七彩の雲』東方社 1953
  • 『天使の罪』東方社 1953
  • 徳川家康』全26巻 大日本雄弁会講談社 1953-1967 のち文庫
  • 『暗黒街の少年』ポプラ社 1954
  • 『変幻髑髏丸』偕成社 1954
  • 『富士に風あり』ポプラ社 1954
  • 『海の花壇』東方社 1954
  • 『桃源の鬼』山田書店 1954 のち春陽文庫
  • 『月夜桜』東方社 1954
  • 『女の一生』東方社 1954
  • 『顔のない男』豊文社 1954
  • 『彦左青春』東方社 1954
  • 『花の寝室』豊文社 1954
  • 『やっこ歌舞伎』大日本雄弁会講談社 1954 「越後騒動」光文社文庫
  • 『旗よ光と共に』ポプラ社 1955
  • 『この声天にとどけ』ポプラ社 1955
  • 『満月城秘聞』偕成社 1955
  • 『泣くな太陽』ポプラ社 1955
  • 『地に燃ゆる歌』ポプラ社 1955
  • 『わが魂の旗』ポプラ社 1955
  • 『若き日の千葉周作』河出新書 1955
  • 『泣き獅子』北辰堂 1955
  • 『浅草観音』東方社 1955
  • 『風流版大岡政談』桃源社(新撰大衆小説全集) 1955
  • 『女難・開眼の千葉周作』河出新書 1955
  • 『織田信長』全8巻 大日本雄弁会講談社 1955-1960 のち文庫、山岡荘八歴史文庫
  • 『紅蜘蛛狂い』東方新書 1956
  • 『柔肌峠』同光社(長篇時代小説全集) 1956
  • 『海狼無頼』和同出版社 1956
  • 『山岡孫吉伝 三円六十銭から百億長者へ』大日本雄弁会講談社 1956
  • 『坂本竜馬』東京文芸社 1956 のち山岡荘八歴史文庫
  • 『山田長政』同人社(昭和名作選書) 1956 のち山岡荘八歴史文庫
  • 『お鮭髪』同光社(大衆小説名作選) 1956
  • 『新太平記』全8巻 大日本雄弁会講談社 1957-1962 のち山岡荘八歴史文庫
  • 『源頼朝』全3巻 桃源社 1957-1960 のち講談社文庫、山岡荘八歴史文庫
  • 『山岡荘八長篇作品選集』全4巻 和同出版社 1957-1958
  • 『風流奉行』桃源社 1957 のち徳間文庫
  • 『水戸黄門』同光社出版 1957 のち春陽文庫、「水戸光圀」山岡荘八歴史文庫
  • 『六つの悲劇』東方社 1957
  • 『小説岸信介』第一世論社 1959
  • 『おんな天下物語』桃源社 1959
  • 『雄とんび物語』講談社 1959
  • 『生きていた光秀』講談社 1963
  • 『随想徳川家康』講談社 1963
  • 『少年徳川家康』全5巻 講談社 1964
  • 『毛利元就』東都書房 1964 のち山岡荘八歴史文庫
  • 『柳生一族』桃源社 1964 「柳生石舟斎」山岡荘八歴史文庫、光文社文庫
  • 『少年織田信長』秋田書店(少年少女小説文庫) 1965
  • 『太平洋戦争』全9巻 講談社 1965-1971 「小説太平洋戦争」山岡荘八歴史文庫
  • 『黒船懐胎』文藝春秋新社(ポケット文春) 1965
  • 『異本太閤記』全7巻 講談社 1965 「豊臣秀吉」講談社文庫、山岡荘八歴史文庫
  • 『高杉晋作』講談社 1966 のち山岡荘八歴史文庫
  • 『柳生三天狗』桃源社 1967 のち光文社文庫
  • 『徳川家康名言集』講談社 1967
  • 『紅の血は燃えぬ』ポプラ社(ジュニア小説シリーズ) 1967
  • 『明治天皇』全3巻 講談社 1968 のち山岡荘八歴史文庫
  • 『吉田松陰』学習研究社 1968 のち山岡荘八歴史文庫
  • 『日本人の味』太平出版 1969
  • 『柳生の金魚』東京文芸社 1970
  • 『伊達政宗』毎日新聞社 1970-1973 のち山岡荘八歴史文庫、光文社文庫
  • 『あばれ公子』桃源社 1970
  • 『春の坂道』日本放送出版協会 1971 「柳生宗矩」山岡荘八歴史文庫
  • 『徳川家康 歴史対談』桑田忠親 講談社 1972 のち文庫
  • 『少年版・太平洋戦争』全5巻 少年少女講談社文庫 1973
  • 『徳川家光』全3巻 毎日新聞社 1974-1976 のち山岡荘八歴史文庫、光文社文庫
  • 『徳川慶喜』全5巻 講談社 1974 のち山岡荘八歴史文庫
  • 『前進か死か 樋口俊夫の超常識商法』フェイス出版 1974
  • 『燃える軌道』全4巻 学習研究社 1974 (廣池千九郎
  • 『破天荒人間笹川良一』有朋社 1978
  • 『睨み文殊 随想集』講談社 1979
  • 『善の巡環 世界のファスナー王吉田忠雄伝』正続 千広企画出版部 1980-1981
  • 『山岡荘八全集』全45巻 講談社 1981-1984

映像化・二次作品化

映画

TVドラマ

TVアニメ

コミック化作品

横山光輝が『徳川家康』など、山岡の歴史小説を1982年から講談社で次々とコミカライズしている。

  • 『徳川家康』
  • 『織田信長』
  • 『豊臣秀吉 -異本太閤紀-』
  • 『伊達政宗』

山岡荘八を演じた人物

脚注

  1. プロフィール山岡賢次公式サイト
  2. 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)336頁

関連項目