操作

富士スピードウェイ

日本の旗 富士スピードウェイ
概要
所在地 日本の旗静岡県駿東郡小山町
座標 東経138度55分36秒北緯35.37167度 東経138.92667度35.37167; 138.92667
オーナー トヨタ自動車
運営会社 富士スピードウェイ株式会社
営業期間 1966年 - 2003年 / 2005年 -
収容人数 11万人
主なイベント FIA 世界耐久選手権
SUPER GT
スーパーフォーミュラ
富士チャンピオンレース
コース設計者 ヘルマン・ティルケ
国際レーシングコース(四輪)
使用期間 1966年 - 2003年
コース長 4.400km
ラップレコード 1分12秒23 (1977年)
マリオ・アンドレッティ
チーム・ロータスF1
国際レーシングコース(四輪)
使用期間 2005年 -
コース長 4.563km
コーナー数 16
ラップレコード 1分17秒287 (2008年)
フェリペ・マッサ
スクーデリア・フェラーリ (F1)
テンプレートを表示

富士スピードウェイ(ふじスピードウェイ、Fuji International Speedway

日本国内で四輪車やオートバイの国際レースが開催できるサーキットの一つ。静岡県駿東郡小山町に位置する。著名なアメリカ人サーキット設計者,マネー・ペニーの設計に基づいて,1966年1月にオープンした。当初は 30°バンクがある 6kmコースと,4.3kmのショートコースの二つを備えていた。 1966年5月の日本グランプリ開催をはじめ,1970年代に一世を風靡した「富士グランチャンピオンシリーズ」などを行ない,日本を代表するサーキットとしての地位を築いた。 1976年に東洋で初めてF1を開催したのも鈴鹿サーキットではなく富士スピードウェイだった。 2000年にトヨタ自動車が資本参加。これを機に (1) モータースポーツの安全,(2) 安全運転の普及・推進,(3) 若者への情報発信基地のテーマを掲げ,全面リニューアル。新コースは全長約 4.5km。約 1.5kmの長い直線に代表される高速型コースの特徴を踏襲しながら,テクニカルなコーナーが追加され,2005年4月オープン。

脚注

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: