actions

富加町

ファイル:Tomika ekimae.jpg
富加駅前商店街

富加町(とみかちょう)は、岐阜県中南部にある濃尾平野の最北端にあたる(旧飛騨街道出入り口)。又、中濃美濃美濃国)の中心位置に値する。「日本最古の戸籍ゆかりのまち」。

地理

町内の半数近くを山林が占め、平地は住宅地となっている。

歴史

沿革

  • 明治30年に滝田・羽生・高畑・夕田・大山村の5ヶ村が合併し、富田村となる。昭和24年には、富岡村の一部、大平賀が分離し、富田村に編入する。
  • 1954年(昭和29年)7月1日 - 富田村加治田村が合併し、富加村誕生。
  • 1974年(昭和49年)7月1日 - 町制施行により、富加町となる。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - 美濃加茂市と加茂郡の6町1村(坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村)が、「美濃加茂市・加茂郡町村合併協議会」を設置。
  • 2004年(平成16年)12月31日 - 合併協議会解散。

行政

人口

富加町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

交通

鉄道

バス

美濃加茂市のコミュニティバスだが、富加町内に「コメリ富加店」「富加羽生」バス停がある。

道路

施設

名所・旧跡・遺跡・観光スポット

祭り・イベント

スポーツ

神社・寺院

文化財

他にも多くの文化財が保存されている。

歴史資料

教育

名産(農業)・加工品

ゆるキャラ

友好交流都市・企業

富加町出身の人物・ゆかりのある人物

脚注

  1. 「おはらい志願、やじ馬殺到」 毎日新聞 2000年10月30日.
  2. 岐阜新聞 「人の和」華やか 富加町で民踊まつり 2017年 9/25 「第43回民踊まつり(中濃民踊協会、岐阜新聞・ぎふチャン主催、岐阜県教育文化財団協賛、関市教育委員会、富加町教育委員会、日本民踊研究会日本民踊新舞踊協会後援)が24日、岐阜県加茂郡富加町滝田のタウンホールとみかで開かれ、出演者が華やかな踊りで来場者を魅了。」

関連項目

外部リンク