actions

宮本雅史 (ジャーナリスト)

テンプレート:Infobox journalist 宮本 雅史(みやもと まさふみ、1953年 - )は、日本の新聞記者産経新聞社編集委員、元雑誌編集者。

来歴

和歌山県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、産業経済新聞社に入社。1990年、ハーバード大学国際問題研究所(CFIA)に訪問研究員として留学。司法クラブキャップ、警視庁記者クラブキャップ[1]バンコク支局長、社会部次長などを歴任した。産経新聞社を退社後、角川書店へ移籍。書籍編集に携わり、2003年に独立してフリーに転向。2005年、産経新聞社へ復帰し、フジサンケイ ビジネスアイを担当後、2010年6月に那覇支局長に異動となり、東京本社編集委員[2]

著書

単著

  • 宮本雅史 『「特攻」と遺族の戦後』 角川書店、1999年。ISBN 978-4861241406。
  • 宮本雅史 『歪んだ正義―特捜検察の語られざる真相』 情報センター出版局、2003年。ISBN 978-4861241406。
  • 宮本雅史 『「電池が切れるまで」の仲間たち―子ども病院物語』 角川書店、2003年。ISBN 978-4861241406。
  • 宮本雅史 『真実無罪―特捜検察との攻防』 角川学芸出版、2005年。ISBN 978-4861241406。
  • 宮本雅史 『報道されない沖縄 沈黙する「国防の島」』 角川書店、2012年。ISBN 978-4046532572。
  • 宮本雅史 『少年兵はなぜ故郷に火を放ったのか 沖縄護郷隊の戦い』 角川学芸出版、2015年。ISBN 978-4046533432。
  • 宮本雅史 『爆買いされる日本の領土』 角川新書、2017年。ISBN 978-4040821405。

共著

  • 宮本雅史、石井勉 『電池が切れるまで』 角川学芸出版、2009年。ISBN 978-4046310163。

脚注

  1. 宮本雅史【「美しい日本」その心は?】”. Japan In-depth (2014年9月13日). . 2016-5-12閲覧.
  2. 少年兵はなぜ故郷に火を放ったのか 沖縄護郷隊の戦い 著者プロフィール