actions

宮崎山形屋


株式会社宮崎山形屋(みやざきやまかたや)は、日本の百貨店[1]。資本上では山形屋グループである金生産業が筆頭株主である。

概要

ボンベルタ橘(橘百貨店)などとともに宮崎市中心市街地の核となる商業施設である。

旭通一丁目の丸三呉服店を買収し山形屋宮崎支店として開店した[2]。 しかし、1952年10月に橘百貨店が開店し、商店街の中心が北へ移動した。

そこで、橘百貨店に対面する位置にあった映画館ロマン座などを買収し[3]1956年(昭和31年)5月18日に現在地へ新築移転した[4]

その後、宮崎山形屋は、宮崎市の中心となるデパートとして繁栄してきた[5]。。。

沿革

  • 1936年昭和11年)12月 - 旭通一丁目の丸三呉服店を買収し山形屋宮崎支店として開店[2]
  • 1955年(昭和30年)7月1日 - 山形屋から分離独立し、株式会社宮崎山形屋が発足[1]
  • 1956年(昭和31年)5月18日[4] - 口マン座跡地の橘通五丁目(現・橘通東三丁目)を買収し[3]、新店舗を建設して移転[4]
  • 1966年(昭和41年) - 増床[6]

ギフトショップ・外商部出張所

  • 延岡、日向、高鍋、西都、小林、日南(日南地区には、日南山形屋があるが、外商は宮崎山形屋の管轄)

関連項目

脚注

  1. 1.0 1.1 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「nikkei-commerce-yearbook-2003」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  2. 2.0 2.1 宮崎市史年表, 宮崎市, (1974), pp. 130 
  3. 3.0 3.1 宮崎市史年表, 宮崎市, (1974), pp. 429 
  4. 4.0 4.1 4.2 宮崎市史年表, 宮崎市, (1974), pp. 443 
  5. 宮崎市史 続編, 宮崎市, (1978-3), pp. 1305 
  6. 現代日本小売経営戦略, 晃洋書房, (1985-5), pp. 95, ISBN 978-4771002906 

外部リンク