actions

室町通

ファイル:KikusuiBoko.jpg
室町通で準備中の菊水鉾
ファイル:室町通3812.JPG
室町通(御池通との交差点付近から南方面を望む)、京都市中京区

室町通(むろまちどおり)は京都市の南北の通りの一つ。平安京の室町小路にあたる。地下鉄が通っている烏丸通のすぐ西側の通りである。北は北山通から南は久世橋通まで。途中東本願寺京都駅で分断されている。

1378年に足利3代将軍義満が、「花の御所」と讃えられた豪奢な室町殿を室町通今出川付近に造営したため、室町幕府の名前の由来となる。応仁の乱で室町幕府が衰退するまで、政治・文化の中心地として賑わった。応仁の乱の後京都は荒廃し上京と下京に分裂するが、これらを結ぶ唯一の道が室町通であった。江戸時代になると呉服店が立ち並ぶ問屋街として発展。現在でも、創業数百年という老舗店が軒を連ねている。祇園祭では四条室町の交差点付近が山鉾町の中心であり、菊水鉾をはじめとする山鉾が並ぶ。

室町通はほぼ1車線道路だが、下京区鶏鉾町(にわとりぼこちょう)域の四条通綾小路通の間は、太平洋戦争中の建物疎開により東側に並ぶ建物が取り壊され、2車線に拡幅されている。この場所では終戦の日後しばらく、相撲サーカス興業が行われたという[1]

主な沿道の施設

関連項目

脚注

  1. 『伝統脈々 魅惑の懸装品』 京都新聞2016年7月14日朝刊


テンプレート:京都市内の南北の通り