actions

実現主義

実現主義(じつげんしゅぎ、: realization basis)とは、収益実現の時点で計上すべきとする会計学における考え方。ここでいう実現とは、財貨または役務の移転(商品の引渡し等)と、これに対する現金等価物(現金売掛金受取手形等)の取得のことをいう。なお、保守主義の原則および粉飾決算の防止の観点に立ち、現金同等物(現金小切手)の取得によってのみ収益の認識をすべきという考えも有力になってきた。

関連項目

参考

テンプレート:Accountancy-stub