actions

宝治合戦

ほうじかっせん

宝治1 (1247) 年執権北条時頼三浦氏一族を滅ぼした合戦。寛元4 (46) 年鎌倉幕府執権となった時頼は,前将軍九条頼経を立てて幕府の実権を奪おうとした名越光時らの陰謀を打ち破り,光時を出家させ伊豆に流し,頼経を帰京させた。

さらに翌宝治1年時頼は,評定衆三浦泰村がこの陰謀に加盟していたとして,幕府内では北条氏と並んで勢力のあった三浦氏を挑発,謀略を用いて戦闘に持込み,ついに泰村以下一族近親五百余人を鎌倉法華堂に自殺させた。この戦いの結果,幕府内の北条氏の独占的地位が確立した。