操作

安部磯雄

(あべ いそお、元治2年2月4日(1865年3月1日) - 昭和24年(1949年)2月10日)

社会主義運動の先駆者。 1891年よりアメリカおよびドイツに留学してキリスト教社会主義者となり,95年帰朝後,早稲田大学教授をつとめつつ,社会主義運動にたずさわった。 1900年社会主義協会の会長,翌 01年片山潜らとともに社会民主党を創設。日露戦争に際しては非戦論を唱えた。大正デモクラシー期の 24年には日本フェビアン協会会長となり,社会民衆党結成とともに 26年中央執行委員長に就任。同年の第1回普通選挙に当選,社会大衆党党首となった。人格者として社会民主主義者から敬愛を受けた。早稲田大学野球部創設者としても知られる。主著『社会問題解釈法』