操作

宇都宮信房

宇都宮信房
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代
生誕 保元元年(1156年
死没 天福2年8月2日1234年8月27日
幕府 鎌倉幕府
主君 源頼朝頼家実朝藤原頼経
氏族 豊前宇都宮氏

宇都宮 信房(うつのみや のぶふさ)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての武将宇都宮氏の祖である藤原宗円の次男中原宗房の長男。『吾妻鏡』の文治2年2月29日1186年3月28日)の条によると信房は造酒司正(みきのつかさのかみ)宗房の孫とある。豊前宇都宮氏の祖。

治承4年(1180年)、下野国から源頼朝の挙兵に参陣する。同7年(1183年)、志田義広の謀反の際は義広討伐で功を挙げた。これらの功績により 元暦2年/文治元年(1185年)から文治2年(1186年)にかけて恩賞を与えられている。翌3年(1187年)9月、鎮西奉行として鬼界ヶ島平氏残党討伐で功績を挙げた。建久3年(1192年)には豊後国日向国内において所領を与えられた。

晩年は仏教に帰依した。天福2年(1234年)8月2日、79歳で死去した。