actions

威王 (楚)

威王
王朝
在位期間 前340年 - 前329年
姓・諱 熊商
諡号 威王
没年 紀元前329年
宣王

威王(いおう、生年不詳 - 紀元前329年)は、中国戦国時代の王。宣王の子。

紀元前340年、宣王が死去すると、後を嗣いで楚王となった。

威王のとき、無彊の軍がの使嗾を受けて楚に侵攻してきた。威王は出兵して越軍を撃破し、旧の領域を攻め取った。

紀元前333年、威王は軍を動員して斉を攻撃し、徐州で斉軍を撃破した。威王は靖郭君田嬰を斉から追放させようとしたが、張丑の説得を受けて、田嬰追放の要求を取り下げた。

紀元前329年、威王は死去した。在位11年。

参考文献

  • 史記』楚世家、越王勾践世家
先代:
宣王
の王
紀元前340年 - 紀元前329年
次代:
懐王