actions

太田駅 (群馬県)

南口(2012年1月)
改札口(2012年6月)
ホーム(2007年4月)

太田駅(おおたえき)は、群馬県太田市東本町にある東武鉄道である[1]。駅番号はTI 18[1]

歴史・概要

1909年(明治42年)2月17日に東武伊勢崎線が足利町駅(現・足利市駅)から当駅まで延伸したのに伴い、開業したのが始まりである[2][3]。 開業当日は駅前広場で三横綱を招請して大相撲が行われるなど記念行事が行われ、盛況となった[2]

1910年(明治43年)3月27日には東武伊勢崎線が当駅から新伊勢崎駅まで開通し、中間駅となった[2]

人車軌道を運営していた藪塚石材軌道が太田軽便鉄道に改称して建設を進めていた路線を1913年(大正2年)3月5日に東武鉄道が買収し、同年3月19日に桐生線として当駅から相老駅間が開通した[2][注釈 1]

1927年(昭和2年)10月1日に東武伊勢崎線の館林駅 - 伊勢崎駅間、1928年(昭和3年)3月1日には桐生線の当駅 - 相老駅間と当駅周辺の路線が相次いで電化された[2]

近隣の大光院の一角にあった東武鉄道所有の博物館で中島知久平が設立した飛行機研究所が中島飛行機として急速に拡大して太田が工業都市として発展したため[2]、1941年(昭和16年)4月に[4]総工費16万円を掛けた2階建て延べ建坪585坪の新駅舎が竣工し[2]、当時東武線随一とも言われた[4]新駅舎の2階には貴賓室、大衆食堂が配置された[2]。同年6月1日には小泉線が中島飛行機小泉製作所への輸送を目的として当駅から小泉町まで開通するなど整備が進められた[2]

この小泉線の開通により、伊勢崎線桐生線小泉線の3路線が乗り入れることになった。

中島飛行機がアメリカ軍による空爆の主要な対象の一つとなっており、1945年(昭和20年)4月4日に空襲を受けた[2]。 この空襲では、駅舎などの建物約1,067坪が全焼し、線路約350mに加えて電車線が約250m、送配電線約2,600m、通信線約23,000mが破壊された[3]

その後、バラックの駅舎で仮復旧し、1954年(昭和29年)2月に新駅舎を開設して本格的に復旧した[2]

当駅の南側は水田地帯であったが、「九合地区土地区画整理事業」として整備が進められ、1966年(昭和41年)12月に南口を開設した[2]

高架化される前は、当駅の北側と南側は立体交差する車道と地下歩道のみで接続しており、町が分断される形となっていた[5]

沿革

駅構造

島式ホーム3面6線を有する高架駅[8]。1 - 4番線と7 - 10番線はそれぞれ同じ線路を共有しており、館林寄りを1 - 4番線、伊勢崎寄りを7 - 10番線として区切っている[8][注釈 2]

7・8番線、9・10番線の入り口にもそれぞれ「ご案内カウンター」があり[8]、中間改札を行うこともあった。ただし無人である時間帯もあり、その場合精算などは改札口で行っていた。かつては5・6番線へ通じる階段の手前にも「ご案内カウンター」と称する案内所兼中間改札があった。

2004年(平成16年)11月25日の高架駅供用開始に際して自動改札機が設置された。

当駅東側にある伊勢崎線と小泉線の分岐点から、当駅西側にある伊勢崎線と桐生線の分岐点までは単線並列となっており、西側の分岐点にはシーサスポイントがある。また、双方向に留置線がある。

のりば

番線 路線 方向 行先 備考
1 TI 伊勢崎線 上り 館林久喜TS 東武スカイツリーライン 北千住
とうきょうスカイツリー浅草方面
7番線と線路を共有
2 8番線と線路を共有
3 館林・久喜・TS 東武スカイツリーライン 北千住・
とうきょうスカイツリー・浅草方面
9番線と線路を共有
TI 桐生線 新桐生赤城方面(特急のみ)
4 TI 伊勢崎線 上り 館林・久喜・TS 東武スカイツリーライン 北千住・
とうきょうスカイツリー・浅草方面
10番線と線路を共有
下り 伊勢崎方面(特急のみ)
5 TI 小泉線 東小泉方面 一部は6番線から発車
6 TI 桐生線 新桐生・赤城方面 一部は5番線から発車
7 - 10 (未使用) 1 - 4番線と線路を共有
  • 上記の路線名は旅客案内上の名称(「東武スカイツリーライン」は愛称)で表記している。
  • 2013年3月15日まで7番線から発車する列車は設定されておらず、1番線に入線する伊勢崎発の特急「りょうもう」の通過線となっていた。
  • 東武鉄道の駅では最もホームの番号が多い(次点は北千住の7)。地上駅時代は0番線があった。
  • ワンマン化当初より伊勢崎・館林方面のワンマン列車は7 - 10番線に発着し、本来の上りホームである1 - 4番線は通過していたが、2017年4月21日のダイヤ改正より7 - 10番線が閉鎖され、これらのホームから発着する列車が設定されなくなった。
  • ホームカラーが導入されており、1・2・7・8番線が青色、3・4・9・10番線が緑色、5・6番線が黄色である。

運行形態

伊勢崎線の途中駅であるが、2006年平成18年)3月18日から伊勢崎線の運転系統は当駅で分割されており、当駅をまたぐ利用には原則として乗り換えが必要であった。2013年(平成25年)3月16日より、昼間時は伊勢崎駅発着のワンマン列車が館林駅発着で乗り入れるようになった為、当駅で乗り換えを要する列車が減少した。一方、桐生線と小泉線はともに当駅が起点であるが、普通列車は両線を相互に直通する。また、伊勢崎線浅草方面からの特急「りょうもう」の多くは当駅から桐生線に乗り入れる。いずれの列車も大半が太田駅をまたいで運転されているが当駅発着の列車も多く運転されている。

2006年(平成18年)3月18日のダイヤ改正で、区間急行区間準急の始発・終着駅となった。当駅 - 伊勢崎駅間の列車は、ワンマン運転普通と夜に1本伊勢崎行き、朝に1本伊勢崎発の特急「りょうもう」のみとなる。

利用状況

1913年大正2年)度の年間旅客数は108,331人で、一日平均で約300人となっており、館林駅より利用者が多かった[2]

2016年(平成28年)度の一日平均乗降人員11,505人である[9]。この値は東武線各線間の乗り換え人員を含まない。群馬県内の東武線の駅では第1位である。

1991年(平成3年)度時点では一日平均乗降人員が14,000人を上回っていたが、その後2003年(平成15年)度まで12年連続で減少し、2002年(平成14年)度に10,000人を下回った[10]。しかし、その後は横ばいから持ち直し、2012年(平成24年)度に再度10,000人を上回った。

近年の一日平均乗降人員の推移は下表のとおりである。

年度 一日平均乗降人員 出典
1998年(平成10年)
1999年(平成11年)
2000年(平成12年)
2001年(平成13年) 10,173 [11]
2002年(平成14年) 9,675 [12]
2003年(平成15年) 9,561 [13]
2004年(平成16年) 9,610 [14]
2005年(平成17年) 9,574 [15]
2006年(平成18年) 9,799 [16]
2007年(平成19年) 9,805 [17]
2008年(平成20年) 9,901 [18]
2009年(平成21年) 9,540 [19]
2010年(平成22年) 9,636 [20]
2011年(平成23年) 9,792 [21]
2012年(平成24年) 10,329 [22]
2013年(平成25年) 10,764 [23]
2014年(平成26年) 10,819 [24]
2015年(平成27年) 11,256 [25]
2016年(平成28年) 11,505

駅周辺

太田の中心地として発展し、最盛期の昭和50年代前半には当駅から半径500mに大型店が5店舗出店していた[5]

駅構内

北口(金山口)

大光院の門前町で[2]、宿場町として栄えた[5]

本町通り商店街は、太田市の中心商店街として栄え、南一番街ベルタウンができ停滞した時期もあったが道幅を拡張し復活した。1996年(平成8年)8月に最後に残った大型店の十字屋も閉店した[5]。また、受楽寺移転跡地を中心とした商店街は太田銀座とも称する。単に北口といった場合はここを指すこともある。

行政機関も集まる地区であったが[5]、1956年(昭和31年)4月19日に落成した太田市役所が移転したのを皮切りに[4]、駅の南側に相次いで移転して行政の中心地でなくなった[5]

2009年東武バス太田営業所跡地である朝日自動車太田営業所跡地に北口ロータリーが移転した。

南口(九合口)

当駅の南側は水田地帯であったが、「九合地区土地区画整理事業」として整備が進められ、1966年(昭和41年)12月に南口を開設した[2]

1956年(昭和31年)4月19日に落成した太田市役所が移転したのを皮切りに[4]、行政機関が相次いで移転してきた[5]

店舗の廃業などの影響もあり、1991年(平成3年)から南口の利用者も減少に転じた[5]

路線バス・高速バス

乗り場番号は設定されていない。

北口

北口ロータリーの駅出口から見て左側(西側)より発車。

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  新田線(新田-1) 般若、新田診療所前 新田暁高校 シティライナーおおた 1日1本、土休日運休
新田線(新田-2) 太田記念病院、般若、ジョイフル本田西 新田暁高校 土休日運休
尾島線(屋島-1) バスターミナルおおた、県立がんセンター、尾島庁舎前 尾島歴史公園 土休日運休
毛里田線(毛里田-1) 南金井、毛里田行政センター 足利赤十字病院 土休日運休
  邑楽~太田線 福祉センター、JA中野支所前 邑楽町役場 おうらタウンバス
福祉センター、高島小学校入口、JA中野支所前
福祉センター、県緑化センター南
福祉センター、高島小学校入口、県緑化センター南
  太田記念病院
  伊香保・四万温泉シャトル 伊香保温泉 四万温泉 関越交通

南口(東側・千年の宴前)

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
    堀江病院、妻沼仲町、上根 熊谷駅 朝日自動車
  桐生~羽田空港線   羽田空港 日本中央バス東京空港交通
仙台ライナー   仙台駅東口 日本中央バス 夜行
シルクライナー 京都駅八条口 大阪OCAT
金山駅南口、名古屋駅太閤通口、奈良ロイヤルホテル 大阪OCAT
  メープル号   成田空港 関東自動車千葉交通

南口(西側・レオパレス21前)

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  おおたCityシャトル500 BUSターミナルおおた 熊谷駅南口 矢島タクシー
2   イオンモール太田
大泉・千代田線 BUSターミナルおおた、西小泉駅前バスターミナル、舞木南 千代田町役場 広域公共バスあおぞら
BUSターミナルおおた、西小泉駅前バスターミナル、福島
  太田記念病院

隣の駅

Tōbu Tetsudō Logo.svg 東武鉄道
TI 伊勢崎線
区間急行・区間準急
韮川駅 (TI 17) - 太田駅 (TI 18)
普通(細谷(本線・下り)方向はワンマン運転の列車のみ)
韮川駅 (TI 17) - 太田駅 (TI 18) - 細谷駅 (TI 19)
TI 小泉線・TI 桐生線
普通(直通運転)
竜舞駅 (TI 47)(小泉線) - 太田駅 (TI 18) - 三枚橋駅 (TI 51)(桐生線)

脚注

注釈

  1. 1903年(明治36年)に設立された藪塚石材株式会社が藪塚駅より少し当駅に近い場所から人車軌道を太田町まで開設しており、それを元に軽便鉄道として貨物の他に旅客の輸送にも進出しようとして建設していた[2]。東武鉄道が軽便鉄道部を買収したため、石材部門となったことから、太田石材株式会社と改称して事業を継続した[3]
  2. この配線は京阪本線淀屋橋駅の1・4番線と同じであるが、淀屋橋駅と異なり番線ごとに閉塞が分割されていないので同一の線路に2本以上の電車が入線することはできない。

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「tobu-ota-station-2015-8-31」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 2.11 2.12 2.13 2.14 2.15 2.16 2.17 2.18 2.19 2.20 2.21 2.22 2.23 2.24 2.25 2.26 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「gunma-ota-city-history-1994」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  3. 3.0 3.1 3.2 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「tobu-ailway-history-65-1964-3-1」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 4.6 4.7 『太田市議会史 記述編』 太田市議会、1998年3月。
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 5.5 5.6 5.7 杉村暢二 『中心商業地の構造と変容』 大明堂、2000年7月。ISBN 978-4470540235
  6. 太田駅北口駅前広場 - 太田市
  7. 会社の沿革 平成21年~”. 東武鉄道. . 2015-8-31閲覧.
  8. 8.0 8.1 8.2 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「tobu-ota-station-insidemap-2015-8-31」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  9. 駅情報(乗降人員) | 企業情報 | 東武鉄道ポータルサイト 2016年1月23日閲覧。
  10. 既存鉄道の再整備による都市間ネットワーク構築-両毛広域都市圏における新たな交流体系- (PDF) - 高崎経済大学地域政策学会、2006年2月、2016年1月23日閲覧。
  11. 鉄道事業の概要 2.駅一覧”. 東武鉄道. 2003年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2016閲覧.
  12. 鉄道事業の概要 2.駅一覧”. 東武鉄道. 2004年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2016閲覧.
  13. 東武鉄道 平成15年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF)”. 関東交通広告協議会. . 2016閲覧.
  14. 東武鉄道 平成16年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF)”. 関東交通広告協議会. . 2016閲覧.
  15. 東武鉄道 平成17年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF)”. 関東交通広告協議会. . 2016閲覧.
  16. 東武鉄道 平成18年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF)”. 関東交通広告協議会. . 2016閲覧.
  17. 東武鉄道 平成19年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF)”. 関東交通広告協議会. . 2016閲覧.
  18. 東武鉄道 平成20年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF)”. 関東交通広告協議会. . 2016閲覧.
  19. 東武鉄道 平成21年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF)”. 関東交通広告協議会. . 2016閲覧.
  20. 東武鉄道 平成22年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF)”. 関東交通広告協議会. . 2016閲覧.
  21. 東武鉄道 平成23年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF)”. 関東交通広告協議会. . 2016閲覧.
  22. 東武鉄道 平成24年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF)”. 関東交通広告協議会. . 2016閲覧.
  23. 東武鉄道 平成25年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF)”. 関東交通広告協議会. . 2016閲覧.
  24. 東武鉄道 平成26年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF)”. 関東交通広告協議会. . 2016閲覧.
  25. 東武鉄道 平成27年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF)”. 関東交通広告協議会. . 2017閲覧.

参考文献

  • 『太田市史 通史 近現代』1994年、605 - 606頁

関連項目

外部リンク