actions

太政官札

ファイル:Daijō-kan bill.jpg
太政官札(金一両札、慶応4年発行)

太政官札(だじょうかんさつ)は、明治政府によって慶応4年5月から明治2年5月まで発行された政府紙幣不換紙幣)。金札とも呼ばれた。日本初の全国通用紙幣[1]である。通貨単位は江戸時代に引き続いてのままであった。1879年明治12年)11月までに新紙幣や公債証券と交換、回収されるまで流通した。

概要

明治政府は戊辰戦争に多額の費用を要し、殖産興業の資金が不足したので、参与兼会計事務掛三岡八郎(のちの由利公正)の建議によって慶応4年5月15日(1868年7月4日)の布告により、「通用期限は13年間」との期限を決めて太政官札を発行した。総額4,897万3,973両1分3朱製造されたが、実際に発行されたのは4,800万両であり、97万3,973両1分3朱は発行させずに焼却した。

当初、国民は紙幣に不慣れであったこと、また政府の信用が強固では無かった為、流通は困難をきわめ、太政官札100両を以て金貨40両に交換するほどであった。このため政府は、太政官札を額面以下で正貨と交換することを禁止したり、租税および諸上納に太政官札を使うように命じたり、諸藩に石高貸付を命じるなどの方法を講じた。これらの政策や二分金の贋物が多かった事などから、信用が増加したために流通するようになったが、今度は太政官札の偽札が流通し始め、真贋の区別が難しくなったため、流通は再び滞るようになった。

政府は明治2年5月28日の布告で、太政官札の発行を3,250万両に限定し、さらに通用期限を5年間に短縮し、もし期限にいたって交換未済のものがあるときはこれに対し1年で6%の利子を交付することを約束した。

政府は1871年明治4年)、新貨条例を制定した。通貨単位を「両」から「圓(円)」に切り替えて本位貨幣金貨とし、金本位制度を採用することにした。その際に旧1両を新1円とする事を定めている。

政府は1872年明治5年)8月、1873年(明治6年)3月・7月の布告により、金札交換公債證券(記名證書、1,000円、500円、100円、50円の4種。利札證書、500円、100円、50円の3種)に換えて回収する方針をとったが、これによって公債証券に換えられたのはごくわずかで、大部分は新紙幣である明治通宝との交換であった。

種類

太政官札の額面と金額は次の通りである。

額面 金額
10両札 2,033万2,890両
5両札 596万9,685両
1両札 1,548万5,798両
1分札 516万1,296両1分
1朱札 105万330両3分

流通状況

明治10年末にいたるまでの流通高は次の通りである(単位 円)。

金額(円)
明治元年12月 24,037,389
明治2年12月 48,000,000
明治3年12月 48,000,000
明治4年12月 48,000,000
明治5年12月 43,251,058
明治6年12月 36,863,722
明治7年12月 26,573,507
明治8年12月 5,147,916
明治9年12月 3,095,921
明治10年12月 3,070,145

回収・交換状況

太政官札の回収と交換の状況は次の通りである(単位 円)。

  • 発行総額 48,000,000
  • 回収交換
    • 新紙幣と交換高 45,661,595
    • 金札引換公債證書と交換高 2,052,745
    • 没収および散逸 285,659
    • 合計 48,000,000

参考文献

脚注

関連項目

外部リンク