actions

天上山 (東京都)


天上山(てんじょうさん)は、東京都神津島村神津島にある火山で、島内の最高峰。

当山は838年7月29日(承和5年7月5日)[1]に始まった噴火で、火砕流火砕サージを噴出後、火砕丘を形成し、最終的に溶岩ドームを形成したものである[2][3]。古記録によると関東・中部・近畿地方に降灰し、840年10月(承和7年9月)になっても噴出物はなお高温であったと考えられている[1]

山頂部は比較的に平坦で、ババ池、不動池、千代池(せんだいいけ)などの池が点在する。この平坦面の南西部には、それぞれ「表砂漠」「裏砂漠」と呼ばれる、砂の堆積した地域がある(下の写真で中央の細長い白い部分と、右の白い部分である)。

最高地点は571.8mの三角点であるが、他に、529m、524mなどのピークがある。また、東尾根上に503mの櫛ヶ峰がある。

山頂付近から西南西に向けて神津沢の谷がえぐられており、これによって西斜面は黒島(南)と白島(北)の2つに大きく分けられる。黒島と白島のそれぞれに登山道がある。神津沢は神津島の中心集落の北部、神津島港の南で太平洋に注ぐ。

山頂部には東に2つの展望地があり、その内のひとつは、東京都によって新東京百景に選定されている。展望地からは、伊豆大島利島新島式根島三宅島御蔵島などが見渡せる。また、別の場所からは、伊豆半島も望むことができる。

脚注

  1. 1.0 1.1 詳細火山データ集 神津島 - 産業技術総合研究所 地質調査総合センター、2016年10月閲覧
  2. 日本活火山総覧(第4版)Web掲載版 神津島 (PDF) - 気象庁、2016年10月閲覧
  3. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「気象庁」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません

外部リンク