actions

大平村 (福岡県)

たいへいむら
大平村
廃止日 2005年10月11日
廃止理由 新設合併
新吉富村大平村上毛町
現在の自治体 上毛町
廃止時点のデータ
地方 九州地方
都道府県 福岡県
築上郡
団体コード 40645-7
面積 48.96km2
総人口 4,044
(国勢調査、2005年)
隣接自治体 豊前市、築上郡新吉富村、大分県中津市
外部リンク 大平村公式サイト
座標 (村役場)東経131度09分
北緯33度33分
 表示 

大平村(たいへいむら)は、福岡県の東部に位置し、築上郡に属していた村である。

隣接する新吉富村2005年(平成17年)10月11日に合併し、「上毛町(こうげまち)」となった。

地理

山国川をはさんで北東に接する、大分県中津市の経済圏、生活圏に属する。中津市との関係は深く、歴史や文化も共有しているため、市外局番 (0979) 、郵便番号 (871-XXXX) も、中津市と同一である。また、北九州都市圏にも属するため、北九州市とも深い関係がある。

歴史

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い上毛郡唐原村・友枝村が成立。
  • 1896年(明治29年)2月26日 - 上毛郡が築城郡と合併して築上郡となる。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 唐原村(とうばるむら)と友枝村が合併して大平村が誕生。村名は、当時の唐原村、友枝村の両村にまたがる大平山(おおひらやま)にちなんで命名された。
  • 2005年(平成17年)10月11日 - 新吉富村と対等合併し上毛町となったため消滅した。

地域

商業

教育

小学校

中学校

  • 組合立築上東中学校

交通

  • 鉄道路線はない。
  • バス路線は廃止され現存しない。バスに準じる代替輸送手段として、中津市との間を結ぶ乗合タクシーを吉富町・新吉富村と共同運営で運行している。

乗合タクシー路線

道路

市町村合併

山国川をはさんで中津市に隣接していることから、豊前市よりも中津市との結びつきが強く、県境を越えて中津市内の高校を受験する中学生も多い。

そのため、福岡県が示した豊前市との合併を拒否し、将来的に中津市との越境合併を目指したうえで、当初は吉富町、新吉富村と、3町村で合併協議をスタートさせた。

しかし、第3セクターの温泉施設「大平樂」での備品をめぐる偽装入札事件や、大平村の公務員に甘い条例改正、新庁舎の位置を巡る吉富町と、新吉富村・大平村の対立で、協議が難航し、3町村での合併協議会は2004年11月12日に解散した。

その後、財政的に苦しい新吉富村、大平村は、「大平樂」の問題を切り離した上で、2村で合併協議を行った結果、2005年10月11日に「上毛町」が発足することになった。

村内には、依然として豊前市との合併には賛成よりも反対が多いと見られ、中津市との合併を望む声が強い。

関連項目