操作

夕刊三重


夕刊三重(ゆうかんみえ)は、三重県松阪市多気郡で夕刊を発行している新聞である。発行元は三重県松阪市に本社を置く夕刊三重新聞社である。「犬の三つ子誕生」など、ローカル色の強い三重県のニュースを掲載している[1]日本新聞協会及び日本地域紙協議会に加盟している。

沿革

  • 1949年 「勢南新聞」(旬刊)創刊
  • 1951年 週刊に
  • 1953年 日刊紙「夕刊松阪」となる
  • 1956年 「夕刊三重新聞」に改題
  • 1962年 現題号「夕刊三重」になる
  • 1972年 松阪市殿町の旧社屋完成
  • 1996年 松阪市外五曲町の新社屋に移転
  • 1999年 創刊50年記念号発行する
  • 2000年 紙面の完全デジタルプリプレスを実施
  • 2002年 日本新聞協会に加盟

購読方法

宅配のほか店頭売りとなっており、松阪駅のキオスクと松阪市一部のファミリーマートで実施されている。一部売り70円。宅配は松阪市・多気郡内の一部(この他度会郡大紀町と伊勢市に1店あり)の新聞店で取り扱っており月額1,700円、配達エリア外での購読は2,500円(郵送料込み、2015年現在)。松阪市周辺では全国紙よりも強い勢力を持つ[1]

脚注

  1. 1.0 1.1 金木(2014):23ページ

参考文献

  • 金木有香『三重あるある』TOブックス、2014年10月31日、159p. ISBN 978-4-86472-300-8

外部リンク