操作

声楽

声楽(せいがく)とは器楽の対語であり、人声を中心とした音楽を指す。通常、浪曲演歌は含まない[1]

概要

人間の声によって人生の哀歓や悲壮美・崇高美などを聴衆に感じさせる音楽分野である[1]。本来的には西洋音楽の用語であり、器楽に対して人間の声による音楽を指す[2]

西洋音楽における声楽

歌曲合唱曲オペラカンタータなど人間の声による音楽[2]であり、しばしば楽器伴奏が加わる。声楽を専攻し、生業としている音楽家声楽家と呼ぶが、この用語は主にクラシック音楽歌手を指して用いられる。

なお、人声があってもベートーヴェン第9交響曲「合唱付き」グスタフ・マーラー交響曲のように、関心が器楽的演奏に向けられている場合は声楽曲とはよばない[3]

声種

声の音域による区別を声種という。

声の性格

声楽の種類

伝統的な日本音楽における声楽

声楽は、伝統的な日本音楽(邦楽)において、その大部分を占めている[4]。日本音楽における声楽は、「歌いもの」と「語りもの」に大きく分けられる[4]

「歌いもの」は、旋律やリズムなど、その音楽的要素が重視される楽曲であるのに対し、「語りもの」は詞章が何らかの物語性をもつ楽曲であり、語られる内容表現に重点が置かれる音楽である[4]

脚注

注釈

参照

  1. 1.0 1.1 『新明解国語辞典』(2010)
  2. 2.0 2.1 『旺文社国語辞典』(1965)
  3. 石多 (2004)
  4. 4.0 4.1 4.2 薦田 (1990) p.116

参考文献

  • 松村明山口明徳和田利政編『旺文社国語辞典』1965年2月。
  • 薦田治子「平曲の旋律-〈卒塔婆流〉」山川直治編集『日本音楽の流れ』音楽之友社、1990年7月。ISBN 4-276-13439-0
  • 石多正男「声楽」小学館編『日本大百科全書』(スーパーニッポニカProfessional Win版)小学館、2004年2月。ISBN 4-09-906745-9
  • 山田忠雄ほか編『新明解国語辞典』三省堂、2010年1月。ISBN 978-4-385-13144-3

関連項目