actions

塩味饅頭

塩味饅頭(しおみまんじゅう)は、兵庫県で製造・販売される和菓子饅頭)。赤穂市の名産品とされる[1]

特徴

皮は落雁と類似しており、小豆(こしあん)に、かつて赤穂の名産品であったの風味を加えたものである[1][2]。。

名称

塩味饅頭(播磨屋の商標登録)の他、 鹽味饅頭、塩味まんじゅう、しほみ饅頭、志ほみ饅頭、志ほ味饅頭、汐見饅頭、汐ほみ饅頭などの呼称がある。

歴史

発祥は江戸時代にさかのぼる。 元禄の頃より、赤穂の歴代藩主は茶の湯に造詣の深い人物であったため、塩をかくし味に使った「赤穂まんじゅう」は、京洛の宮家や江戸の将軍家への献上菓子に用いられていた。 義士の討ち入り後は、江戸では「義士まんじゅう」「大石まんじゅう」ともて囃され、天保の時代になって、江戸で名人といわれていた江戸屋藤治郎、平兵衛の父子が赤穂にまねかれ 「赤穂まんじゅう」を改良、真っ白な落雁風の皮と、中に入るあんにひと塩を加えた現在の「しほみ饅頭」が完成したと云われている。(総本家かん川)

また、赤穂に塩味饅頭の製造本店を置く元祖播磨屋の記録によると、嘉永6年(1853年)当時の当主であった時三郎が、赤穂の海に沈む半円の美しい夕日の情景に感銘を受け、赤穂の純白の塩と白砂糖と寒梅粉で『汐見まん志う』を創製したのが始まりとされ、そののち、赤穂藩の進言もあって塩味饅頭と改名、代々の赤穂藩主が赤穂の土産として徳川将軍家に献上、茶席などの菓子として賞賛されたとされる。[2]

赤穂市内に製造・本店を置く塩味饅頭 銘菓銘店

  • 元祖 播磨屋[1]
  • 総本家かん川[2]
  • (株)かん川本舗[3]
  • 三島屋・三島製菓(株)[4]
  • 宮崎蜜月堂[5]
  • 巴屋本舗[6]
  • 潮見堂本店[7]
  • 岩佐屋[8]
  • かみや製菓本舗

※順不同

脚注

  1. 1.0 1.1 塩味饅頭とは - コトバンク
  2. 2.0 2.1 西播磨のおみやげ 赤穂市 - 西播磨ツーリズム振興協議会