actions

国道461号

ファイル:R461-Shioya.JPG
栃木県塩谷町にて
ファイル:Route-461.JPG
常陸太田市。折橋交差点以降は片側1車線が確保されている。

国道461号(こくどう461ごう)は、栃木県日光市から茨城県日立市に至る一般国道である。栃木県内では日光北街道黒羽街道と呼ばれる。

概要

栃木県日光市より東へ向かい、栃木県北部の矢板市・大田原市の山麓・丘陵地域と、茨城県北部の大子町常陸太田市水府地区の八溝山地阿武隈山地地域を経て茨城県日立市の国道6号まで東西に結ぶ路線。 起点は、栃木県日光市今市の七本桜交差点。 国道指定当初の起点は大谷向交差点で、国道121号現道と一部重複して東方向へ向かい大谷向駅前より国道121号から分岐して単独区間(日光北街道)となり、日光市豊田交差点で現道と合流していた。 2016年3月に大谷向駅前 - 豊田間が日光市に移管され、バイパスが現道となり起点も変更された。 茨城県大子町では、国道118号と一部重複して南下し、観光名所である袋田の滝近く(袋田の滝入口交差点)で分岐東進して再び単独区間となる。 元々、栃木・茨城両県の山間地域の県道を統合・昇格して国道となった路線で、路線指定当時は未改良区間が多く存在したが、拡幅や線形改良など改良工事が進められてきた。栃木県那須郡那珂川町と茨城県常陸太田市の一部では、1車線の狭隘区間が今なお存在する。

路線データ

歴史

1993年平成5年)4月1日に国道指定を受けて、これまでの県道(県道今市矢板線、県道大田原矢板線の一部、県道大田原黒羽線、県道大子黒羽線の一部、県道上南方大山田線の一部、県道大子馬頭線の一部、県道高萩大子線、県道折橋山方線の一部[4])が昇格して国道となっている。

指定当初の終点は高萩市(日立市・高萩市境のすぐ北方)にあったが、この付近はセンターラインがなく、国道6号と接続する交差点から300 mほどで常磐線踏切がありボトルネックになったため、2006年に踏切手前で南側に延伸し日立市側に跨線橋「いぶき橋」を建設した。この区間の旧道は廃道となって[5][注釈 4]、このルート上に歩行者自転車のみ通行ができる一般道路に変った。

茨城県大子町では、かつては大子市街の商店街を抜ける区間で西行きの一方通行区間があり、東行きは国道から外れていたが、2012年の大子バイパスの完成により解消された。

年表

  • 1993年平成5年)4月1日 : 今市市(現:日光市) - 高萩市の一般国道の路線を指定[6]
  • 1997年(平成9年)2月24日 : 高萩市大能 - 同市中戸川のバイパス道路が完成し、花貫第一トンネル、花貫第二トンネルが開通する[7]
  • 2002年(平成14年)8月26日:久慈郡水府村大字上高倉地内にバイパス1.06 kmを新設する道路区域が決定[8]
  • 2005年(平成17年)4月4日:高萩市大能 - 同市中戸川の花貫渓谷に沿う旧道が指定解除され高萩市道へ降格[9]
  • 2006年(平成18年)3月24日:高萩市石滝 - 日立市十王町伊師のバイパス道路が完成し、終点が日立市に変更される[1]。同時に、高萩市の常磐線花貫踏切を廃止。
  • 2007年(平成19年)8月31日:常陸太田市上高倉町地内の道路改良新道の一部(約1 km)を供用開始[10]
  • 2007年(平成19年)11月1日:久慈郡大子町大字大子 - 同町大字北田気の久慈川橋を渡る旧道ルート(901 m)が指定解除され大子町道へ降格[11]
  • 2008年(平成20年)2月14日:常陸太田市上高倉町地内の狭隘な旧道(510 m)が指定解除され常陸太田市道へ降格[12]
  • 2012年(平成24年)10月26日:大子町大子のJR常陸大子駅前 - 湯の里大橋へ至る大子バイパス(約0.6 km)が開通[13][14]
  • 2013年(平成25年)3月7日:大子バイパスの旧道区間(722 m)が指定解除される[15][注釈 5]
  • 2015年(平成27年)5月2日:茨城県常陸太田市下高倉地内の道路改良において、高倉橋が開通[16][17]
  • 2016年(平成28年)8月24日:常陸太田市上高倉町 - 同市下高倉町の狭隘路を改良したバイパス道路が開通[18]
  • 2017年(平成29年)7月18日:常陸太田市下高倉町 - 同市折橋町の北沢峠越えのバイパス道路(2.34 km)の道路区域を指定[19]

路線状況

ファイル:Route 461 Shimo-Takakura Hitachi-Ota.jpg
かつての常陸太田市下高倉町付近の旧道。幅員は自動車1台分。

全般に道路改良が進められつつあり、栃木県大田原市以西は主要幹線道路としての2車線規格を満たしているが、以東では狭隘路も混在する。特に栃木県東部から茨城県内にかけて狭隘区間が多い。那珂川町内では、広い谷間に散在する集落を、直線的な1車線道路で民家の軒先をかすめて南北に結んで行く。南下するとそのまま、馬頭市街から続いてくる2車線の栃木県道52号矢板馬頭線に突き当たり、ここを左折するのがそのまま国道となる。なお、峰一つ東に並行している茨城県道・栃木県道13号大子黒羽線がこの区間の狭隘路を迂回している。

久慈郡大子町までは道路整備が進捗し、2車線化が進んでいる。大子町袋田周辺の道路は整備され、春秋行楽シーズン中は車両の往来が多い。

常陸太田市水府地区は谷間の集落を南北に走る。かつてこの区間の旧道は谷間の山里を縫って1車線強のカーブした狭隘路が連続し、春・秋の行楽シーズンはすれ違い渋滞が随所で生じるため、待避所信号機無しの交差点に交通整理員が立つことがあったが、2015年5月には高倉橋が開通し、この付近の南北縦軸の道路が拡幅されている[16]。さらに高倉橋から東に位置する里見地区と結ぶ国道349号と交差する折橋交差点までの北沢峠越え区間は、大型車が通行できない狭隘道路で、水府里見拡幅事業により(仮称)北沢トンネルを基本とする道路改良が計画されている[20]茨城県道22号北茨城大子線を通行することにより、この狭隘区間を迂回できる。折橋以東は2車線の改良済道路である。

バイパス・道路改良事業など

  • 船生バイパス
    塩谷町船生の旧日光北街道にあたる旧道の南側を迂回するバイパス道路。船場東交差点から天頂交差点までの5.4 kmが該当。1998年に事業採択され、2005年(平成17年)に船生南交差点以東(1区)が、2009年(平成21年)に船生南交差点以西(2区)が開通し全線開通。
  • 大田原市奥沢バイパス
  • 大子バイパス
    屈曲部が多く幅員狭小な大子町市街地内を迂回するバイパス道路。大子町役場前交差点からJR常陸大子駅前までの約600mの区間[21]。2006年(平成18年)より事業化され[22]、2012年(平成24年)10月に開通した[13][14]。バイパス開通によって旧道区間は、2013年(平成25年)3月に国道指定から外され、大子バイパスは現道の一部となっている[15]
  • 水府里美拡幅
    常陸太田市上高倉町から折橋町までの狭隘区間の交通安全性の確保を目的に道路を拡幅改良する、平成11年度より事業化された延長7.2 km、幅員11 mの道路改築事業[23]。南北軸の現道拡幅およびバイパス新設からなる上高倉町字湯草 - 下高倉町字馬次(高倉橋)間の区間は、2016年までに供用済み[18]。東西軸の現道拡幅およびトンネル新設からなる北沢峠区間は事業推進中。

交通量

24時間交通量(平成17年度道路交通センサス) 栃木県

  • 那須塩原市一区町231-7 : 11,209

茨城県

  • 久慈郡大子町下金沢261 : 3,668

重複区間

道路施設

トンネル

ファイル:The first Hananuki tunnel (Route 461,Japan).JPG
花貫第一トンネル(国道461号)
  • 花貫第一トンネル(高萩市中戸川)
    花貫渓谷上の阿武隈高地を貫く、本国道上で最も東に位置するトンネル。延長326m、高さ4.7m、幅員7.0m。1995年11月竣工。
  • 花貫第二トンネル(高萩市中戸川)
    花貫第一トンネルの西側に隣接するトンネル。延長180m、高さ4.7m、幅員7.0m。1996年9月竣工。
  • 新月居トンネル(久慈郡大子町小生瀬)
    小生瀬と袋田を結ぶ道路にあるトンネルで、延長540m、高さ4.7m、全幅8.5m(車道部6m、歩道部1m)。1976年3月竣功。1976年に高柴台で全国植樹祭を開催する関連事業として、主要地方道日立大子線[注釈 6]を改良整備するために新たに掘られたトンネルで、茨城県道路公社が管理する月居トンネル有料道路として開通している[24]。1987年2月1日に無料開放された[25]

橋梁

  • 湯の里大橋(久慈川、久慈郡大子町)
  • 那珂橋(那珂川、大田原市)
  • 大渡橋(鬼怒川、塩谷郡塩谷町 - 日光市)

道の駅

関連項目

脚注

注釈

  1. 2005年9月30日時点の大田原市および那須郡黒羽町
  2. 2004年12月1日に常陸太田市に編入された久慈郡里美村
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 2015年4月1日現在
  4. 旧道移管及びJR協定に基づく用地交換のため区域除外された。
  5. 大子町市街地旧道の一方通行区間は大子町へ移管され、それ以外の区間は茨城県道28号大子那須線の単独区間となった。
  6. 前々身にあたる県道路線。1982年廃止。

出典

  1. 1.0 1.1 道路の供用の開始(平成18年3月13日 茨城県告示第300号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1755号: p. 9, (2006年3月13日) 
  2. 一般国道の路線を指定する政令 - 電子政府の総合窓口 イーカブ
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 26. . 2017閲覧.
  4. 県道の路線の廃止(平成5年4月1日 茨城県告示第435号) (PDF) ,茨城県報 号外第47号(1993年(平成5年)4月1日)より
  5. 道路の区域の変更(平成19年6月14日 茨城県告示第812号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1883号: p.17, (2007年6月14日) 
  6. 道路の区域の決定(平成5年4月1日 茨城県告示第430号) (PDF) ,茨城県報 号外第47号(1993年(平成5年)4月1日)より
  7. 道路の供用の開始(平成9年2月10日茨城県告示第137号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第828号: p. 2, (1997年2月24日) 
  8. 道路の区域の変更(平成14年8月26日 茨城県告示第1033号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1393号: p. 15, (2002年8月26日) 
  9. 道路の区域の変更(平成17年4月4日 茨城県告示第435号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1659号: pp. 4–5, (2005年4月4日) 
  10. 道路の供用の開始(平成19年8月13日 茨城県告示第1040号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1900号: p. 5, (2007年8月13日) 
  11. 道路の区域の変更(平成19年11月1日 茨城県告示第1340号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1923号: p. 11, (2007年11月1日) 
  12. 道路の区域の変更(平成20年2月14日 茨城県告示第186号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1951号: pp. 21–22, (2008年2月14日) 
  13. 13.0 13.1 道路の供用の開始(平成24年10月22日 茨城県告示第1107号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2430号: pp.14-15, (2012年10月22日) 
  14. 14.0 14.1 国道461号大子バイパスが10月26日に開通しました。”. 土木部道路建設課国道・市町村道. 茨城県 (2015年2月12日). . 2015閲覧.
  15. 15.0 15.1 道路の区域の変更(平成25年3月7日 茨城県告示第196号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2467号: p. 40, (2013年3月7日) 
  16. 16.0 16.1 【お知らせ】一般国道461号高倉橋が開通しました(PDF:247KB) (PDF)” (プレスリリース), 茨城県常陸太田工事事務所 
  17. 道路の供用の開始(平成27年5月21日 茨城県告示第706号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2692号: p. 6, (2015年5月21日) 
  18. 18.0 18.1 道路の供用の開始(平成28年8月22日 茨城県告示第1109号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2821号: p. 8, (2016年8月22日) 
  19. 道路の区域の変更(平成29年7月18日 茨城県告示第392号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2912号: p. 5, (2017年7月18日) 
  20. 土木部 常陸太田工事事務所 (2016年11月22日). “一般国道461号(水府里美拡幅)”. 茨城県ホームページ. 茨城県. . 2017閲覧.
  21. 道路の区域の変更(平成18年12月25日 茨城県告示第1441号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1836号: pp.8-9, (2006年12月25日) 
  22. 国道461号大子バイパス 2013年12月4日閲覧
  23. 常陸太田工事事務所 (2016年3月23日). “一般国道461号(水府里美拡幅)”. 茨城県ホームページ. 茨城県. . 2016閲覧.
  24. 影山雄之 『茨城県大百科事典』 茨城新聞社、水戸市、1981年。
  25. 有料道路の料金の徴収期間の変更(昭和62年1月29日 茨城県道路公社公告) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第7521号: p.9, (1987年1月29日) 

外部リンク