操作

国道429号

一般国道
国道429号
総延長 249.9 km
実延長 221.3 km
現道 216.9 km
制定年 1982年指定
起点 岡山県倉敷市
竹川橋交差点(地図
主な
経由都市
岡山県総社市津山市
兵庫県朝来市
終点 京都府福知山市
新庄交差点(地図
テンプレート

国道429号(こくどう429ごう)は、岡山県倉敷市から京都府福知山市に至る一般国道である。

概要

起点の倉敷市玉島国道2号から分岐し、旧国道2号を東進して倉敷市大島交差点から北上、山陽道倉敷IC岡山道岡山総社IC経由して岡山県中央部の山間を縫い、津山市に至る。津山市からは向きを東寄りに変え、宮本武蔵生誕地とされる美作市を経て兵庫県宍粟市に入り、山間を縫って朝来市などを経て京都府福知山市新庄で国道9号に接続する。

元々は府県道だった路線を国道に指定したもので、起点からの旧国道2号の区間を除き、狭小区間や急勾配、急カーブなど未整備区間が少なくなかったことから「酷道」のひとつに数えられている[1]。現在は各所で整備工事が進められており、岡山県では旭バイパス(久米郡美咲町)の整備区間を除き、整備がほぼ完了している。しかし、志引峠を越えた兵庫県側では未整備区間が数多く残っており、越え区間で兵庫県の国道にしては珍しい「大型車通行困難」という道路標識が見受けられ[2]、さらに冬季通行止め区間も存在する。

倉敷市浜ノ茶屋地内に起点方向への一方通行区間があるため、実質的に起点→終点の全線走破は不可能である。浜ノ茶屋交差点から浜ノ茶屋北交差点へ向かう道路は国道指定されていない。

路線データ

一般国道の路線を指定する政令[3][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史

当初は、1982年に指定された倉敷 - 津山間の一般国道である。1993年に津山 - 福知山間が延長指定され、現在は全長約260kmにおよぶ倉敷 - 福知山間の一般国道の路線となっている。

  • 1982年昭和57年)4月1日
    • 一般国道429号(倉敷市 - 津山市)として指定施行[6]
  • 1988年(昭和63年)
  • 1993年平成5年)4月1日
    • 津山市から福知山市にかけて、県道津山大原線、県道朝来大原線、県道生野青垣線、府県道福知山青垣線が指定され、一般国道429号(倉敷市 - 福知山市)として指定施行[7]
  • 2010年(平成22年)4月28日
    • 倉敷総社バイパスの全線が整備完了。
  • 2016年(平成28年)2月23日
    • 岡山県告示第96号により倉敷市玉島阿賀崎における区間[注釈 8]の路線延伸[8]

路線状況

起点は倉敷市玉島阿賀崎の国道2号(玉島・笠岡道路)から分岐する。山陽道筋に霞橋を渡って高梁川沿いに大島交差点で折れて北へ進んで行き、総社市にある山陽自動車道倉敷インターチェンジ (IC) 付近までは交通量が多く、交通渋滞も起こる[9]。同市内にある岡山自動車道岡山総社IC付近は国道180号と重複する区間(総社・一宮バイパス)がある。岡山県久米郡美咲町にある旭川に沿う岡山県道30号落合建部線との重複する区間は旭川を江与味橋と西川大橋の2つ橋で渡り、クランク状の線形をとる。ここにある江与味橋は狭く、センターラインはない[9]。津山市内は国道53号と重複する交通量の多い区間で、新河辺交差点以西は国道53号・179号・429号の3路線が重複する区間となる[9]

美作 - 朝来間は岡山・兵庫県境の志引峠、宍粟市の高野峠という二つの峠を越えてゆく山間の1.5車線の道路が続き、高野峠付近はすれ違い困難な1車線の狭く林道のような雰囲気を持つ[10]。宍栗市一宮町上岸田では、揖保川沿いの兵庫県道6号養父宍粟線と重複する区間があり、集落内の隘路となる[10]

朝来 - 福知山間は、朝来市・丹波市境にある青垣峠(生野峠)、丹波市・福知山市境にある榎峠と峠越えが2つある区間で、いずれもすれ違い困難な1車線の隘路があり、特に榎峠越えは大型車が通行できない4か所のヘアピンカーブが兵庫県側にある[2]。朝来市の国道312号交点付近で朝来市生野庁舎がある口銀谷交差点付近は、案内標識が無い交差点を右左折する[2]。終点・新庄交差点付近は2車線の道路となる[2]

バイパス

倉敷総社バイパス
岡山県倉敷市西坂から岡山県総社市総社字北國府に至る延長5.8kmのバイパス吉備路を南北に貫く総社市岡谷 - 総社市総社間は、既存の農免道を拡幅し整備が行われた。2010年4月28日午前10時に供用開始した。
総社バイパス
岡山県総社市総社総社字北國府から岡山県岡山市北区門前に至るバイパス道路。これに該当する区間は、総社・一宮バイパスの部分区間にあたり国道180号の重複区間である。
足守バイパス
旭バイパス
休乢トンネル
とりがたわ道路
兵庫県宍粟市の千種町岩野辺から波賀町斉木に至る延長2.9kmのバイパス。カーブが連続し、幅員が狭くいために通行の難所となっていた鳥ヶ乢峠をトンネルによりバイパスしている[11][12]2008年11月11日に供用開始[13]
神子畑バイパス
兵庫県朝来市佐嚢(神子畑地区)に建設された延長640mのバイパス。幅員は車道2車線6.0m、全幅9.0mで、総事業費は約5億円[14]。この道路工事にあわせてムーセ旧居が移築、改修されている[15]

重複区間

道路施設

道の駅

交通量

24時間交通量(平成17年度道路交通センサス)

岡山県
  • 倉敷市玉島乙島字狐島 : 20,427
兵庫県
  • 宍粟市千種町西山 : 512

並行する旧街道

岡山県倉敷市

倉敷市 - 吉備中央町

地理

通過する自治体

交差する道路

岡山県

兵庫県

京都府

沿線

主な峠

  • 休乢(岡山県美咲町-岡山県津山市)
  • 志引峠(岡山県美作市-兵庫県宍粟市)
  • 鳥ヶ乢(兵庫県宍粟市)
  • 高野峠(兵庫県宍粟市)
  • 生野峠(兵庫県朝来市-同県丹波市)
  • 榎峠(兵庫県丹波市-京都府福知山市)

脚注

注釈

  1. 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. 2004年10月1日に2町が合併して加賀郡吉備中央町発足。
  3. 2005年3月31日に5町1村が合併して美作市発足。
  4. 2005年4月1日に4町が合併して宍粟市発足。
  5. 5.0 5.1 2005年4月1日に4町が合併して朝来市発足。
  6. 2004年11月1日に6町が合併して丹波市発足。
  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 7.4 7.5 2015年4月1日現在
  8. 倉敷市玉島阿賀崎のうちの字亀崎2434番1地先から字唐船2657番3地先まで[8]

出典

  1. 松波成行 2008, p. 54.
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 渡辺郁麻 2008, p. 55.
  3. 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. . 2013閲覧.
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 24. . 2017閲覧.
  5. 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. . 2013閲覧.
  6. 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和56年4月30日政令第153号)”. 法庫. . 2013閲覧.
  7. 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(平成4年4月3日政令第104号)”. 法庫. . 2013閲覧.
  8. 8.0 8.1 平成28年2月23日 第11763号 (告示第96号) (PDF)”. 岡山県公報. 岡山県庁. p. 10 (2016年2月23日). . 2016閲覧.
  9. 9.0 9.1 9.2 渡辺郁麻 2008, p. 57.
  10. 10.0 10.1 渡辺郁麻 2008, p. 56.
  11. 工事監理日誌 (pdf)”. 兵庫県まちづくり技術センター. . 2012閲覧.
  12. “宍粟・鳥ケ乢トンネルが貫通 09年春開通へ”. 神戸新聞. (2007年1月24日). http://www.kobe-np.co.jp/chiiki/se/0000223454.shtml . 2012閲覧. 
  13. 前期基本計画実績表(H18年度 - 21年度) (pdf)”. 宍粟市. . 2012閲覧.
  14. 一般国道429号 神子畑バイパス の供用開始 (pdf)”. 兵庫県但馬県民局. . 2012閲覧.
  15. 「鉱石の道」の歴史をたどる”. 朝来市. 2011年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2012閲覧.

参考文献

関連項目

外部リンク