actions

国立障害者リハビリテーションセンター


国立障害者リハビリテーションセンター(こくりつしょうがいしゃリハビリテーションセンター、英語:National Rehabilitation Center for Persons with Disabilities)は、埼玉県所沢市並木にある日本厚生労働省施設等機関。略称は「国リハ」。

概要

厚生労働省組織令第149条に基づいて設置され、身体障害、視覚障害、言語聴覚障害、高次脳機能障害発達障害などの障害者リハビリテーションに関して、相談、医学的、心理学的、社会学的、職能的判定を行い、並びに治療訓練、指導を行う。さらに、調査研究技術者の養成、訓練を行う。

自立支援局、病院研究所学院、および管理部より構成され、総長がこれらを統括する、世界的にも稀な福祉関連の総合的施設である。障害の予防とリハビリテーションに関するWHOの研究協力センターに指定されている。

沿革

1949年(昭和24年) - 身体障害者福祉法の制定により国立身体障害者更生指導所設立。

1964年(昭和39年)4月1日 - 国立身体障害センターに改称。

1979年(昭和54年)7月1日 - 国立身体障害センター、国立東京視力障害センターおよび国立聴力言語障害センターを統合し、国立身体障害者リハビリテーションセンターが発足。

2008年(平成20年)10月1日 - 国立身体障害者リハビリテーションから国立障害者リハビリテーションセンターへ名称を変更。


組織

  • 国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局
    • 就労移行支援
    • 自立訓練(機能訓練・生活訓練)
    • 就労移行支援(養成施設)
      • 専門課程(医療分野専門士の称号を付与)
      • 高等課程(「高等学校卒業と同等以上の学力があると認められる者」と指定)
    • 施設入所支援
    • 国立光明寮
    • 国立保養所
    • 国立知的障害児施設
  • 国立障害者リハビリテーションセンター病院
    • 診療部門
      • 内科・神経内科・整形外科・リハビリテーション科・耳鼻咽喉科・眼科・泌尿器科・精神科・歯科
    • 看護部門
    • リハ部門
      • 理学療法・作業療法・リハビリテーション体育・言語聴覚・ロービジョンクリニック・心理・医療福祉相談

リハ並木祭

隣接する国立職業リハビリテーションセンターとともに合同で開催される文化祭。

両センターで実施している訓練、クラブ活動の発表、模擬店などが行われる。

文化祭の名称は、所在地の並木にちなんでいるが、単に「並木祭」というと、近隣にある防衛医科大学校の文化祭のことであり、注意が必要である。

外部リンク