actions

国民経済計算体系

こくみんけいざいけいさんたいけい

System of National Accounts; SNA

国連国民所得勘定方式。国民経済計算は国際比較の観点から統一した基準で作成される必要があり,その標準体系を決めたものが国連の提案による SNAである。 1952年に公表された旧 SNAは,国民経済計算全体をカバーするものではなく,国民所得勘定の体系を中心とするものであった (国民所得勘定の標準体系には,1952年のヨーロッパ経済協力機構によるA Standard System of National Accounts〈SSNA〉もある) 。これに対して 68年に国連が提案した新 SNAは,国民所得勘定を中心として,産業連関表,資金循環勘定,国際収支表,国民貸借対照表の国民経済計算の5勘定を一つの体系に統合しようとする野心的なものである。日本も78年8月より新 SNAへの移行が行われた。国連の National Accounts Statisticsでは,各国の国民経済計算を編集している。