actions

喜入町

きいれちょう
喜入町
廃止日 2004年11月1日
廃止理由 編入合併
喜入町吉田町桜島町松元町郡山町鹿児島市
現在の自治体 鹿児島市
廃止時点のデータ
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
揖宿郡
団体コード 46321-3
面積 61.23km2
総人口 12,501
(2004年10月1日)
隣接自治体 鹿児島市、指宿市、揖宿郡頴娃町川辺郡知覧町
座標 北緯31度22分27.4秒
東経130度32分34.5秒
200px
 表示 

喜入町(きいれちょう)は、かつて鹿児島県揖宿郡にあった2004年11月1日鹿児島市に編入され自治体としては消滅した。

1969年(昭和44年)に操業開始した原油備蓄基地(現、JX喜入石油基地)があることで知られていた。

地理

薩摩半島の南東部に位置していた。喜入町は南北16Km、東西6.2Kmの細長い地形で、西方には烏帽子岳、荒岳、尾巡岳、吉見岳などの山が南北に連なっている[1]

全体的に平野部が少なく、山地や台地が多くを占めており、多くは桜島の爆発によるシラスで形成されている。

大字

町村制が施行され喜入町が成立した際にそれまでの江戸時代の藩政村の区域は大字となり、瀬々串、中名、前之浜、生見の4大字が構成された。その後1988年(昭和63年)に喜入及び一倉の2大字が中名と前之浜より分割され成立し、廃止時は6大字から構成されていた。

それらは現在の鹿児島市喜入町喜入瀬々串町喜入中名町喜入一倉町喜入前之浜町喜入生見町にあたる。


歴史

姉妹都市

行政

歴代村長・町長

歴代の喜入村長、喜入町長を記載する。表記は『喜入町郷土誌』306頁に基づく。

氏名 就任期間
初代村長 松崎十兵衛 1889年5月 - 1894年5月
二代村長 安楽兼則 1894年6月 - 1900年7月
三代村長 岡元真一 1900年7月 - 1905年4月
四代村長 安楽兼則 1905年7月 - 1906年4月
五代村長 志々目十次郎 1906年4月 - 1913年1月
六代村長 二見八竹 1913年2月 - 1925年10月
七代村長 前田慶吉 1925年11月 - 1943年10月
八代村長 園田吉次郎 1943年10月 - 1946年10月
九代村長 山下芳徳 1947年4月 - 1953年3月
十代村長・初代町長 白浜重任 1953年5月 - 1965年5月
二代町長 川原新次郎 1965年5月 - 1975年3月
三代町長 釜付健二郎 1975年4月 - 1995年4月
四代町長 日高保 1995年4月 - 2004年10月31日

消防

  • 喜入町消防本部 - 新日本石油基地が1969年に操業開始したのに伴い、1976年10月1日に設置された[2]

人口

以下の人口遷移表は『喜入町郷土誌』19頁の記述に基づく。

凡例
人口(人)
世帯数(戸)
1920年 12,020
2,827
1930年 12,935
2,856
1940年 12,847
2,684
1950年 17,541
3,648
1960年 14,562
3,678
1970年 11,764
3,881
1980年 12,574
4,326
1990年 12,518
4,400
2000年 12,802
4,828

学校

中学校

小学校

太字の学校は標準服の着用が義務付けられている。

交通

道路

国道

県道

道の駅

鉄道

九州旅客鉄道指宿枕崎線
瀬々串駅 - 中名駅 - 喜入駅 - 前之浜駅 - 生見駅

名所・旧跡

ファイル:Kiire Kandelia obovata plant community.A.JPG
喜入のリュウキュウコウガイ産地

喜入町出身の著名人

脚注

  1. 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.849
  2. 喜入町郷土誌 p.705

参考文献

  • 喜入町郷土誌編集委員会 『喜入町郷土誌 - 増補改訂版 -』 喜入町、2004年。

関連項目