actions

商湯科技


商湯科技開発有限公司(センスタイム): SenseTime Group Ltd)は中華人民共和国香港特別行政区新界沙田区に本社を置くディープラーニング技術を応用した人工知能と顔認識技術の研究と開発を手がけている企業である。Shangtang Technology(シャン・テクノロジー)とも呼ばれる。

概要

香港中文大学情報工学科の湯暁鴎(Xiaoou Tang)教授のプロジェクトが商業化した会社である。400社以上の顧客を持ち華為技術小米など中国のスマートフォンメーカーには画像認識技術を提供したり、クアルコムとはAIチップの開発で提携している[1]。この顔認識技術は中国公安省による1億7千万台のカメラによる大量監視システム「天網(SkyNet)」や[2]上海申通地鉄集団の交通モニタリング[3]ネイバーのカメラアプリSNOWにも利用されている[4]

沿革

  • 2001年7月 - 香港中文大学の湯暁鴎教授がマルチメディア研究所を創立
  • 2014年10月 - 徐立(Xu Li)が湯教授らととも商湯科技を設立
  • 2017年7月11日 - シリーズBラウンドでSailing Capital、CDH Investments等より4億1,000万ドルを調達[5]
  • 2017年10月20日 - クアルコムと戦略的パートナーシップを発表[6]
  • 2017年11月15日 - クアルコム・ベンチャーズから戦略的投資を受ける[7]
  • 2017年12月7日 - 本田技研工業と5年間の長期共同開発契約を締結[8]
  • 2018年4月9日 - シリーズCラウンドで阿里巴巴集団テマセク・ホールディングス等より6億ドルを調達[9]
  • 2018年5月31日 - シリーズCラウンドでTiger Global、フィデリティ・インベストメンツ、HOPU Investment Management Company等より6億2,000万ドルを調達[10]
  • 2018年8月8日 - ビデオ技術の影譜科技(Moviebook)へ1億9,900万ドル出資をリード[11]
  • 2018年9月11日 - ソフトバンク・チャイナ・ベンチャー・キャピタルより10億ドルを調達[12]

出典

  1. センスタイム(香港) 画像認識技術強みにAI開発”. 日本経済新聞 (2018年1月16日). . 2018閲覧.
  2. Chinese police are using smart glasses to identify potential suspects”. techcrunch (2018年2月8日). . 2018閲覧.
  3. 中国の顔認識技術スタートアップSenseTime(商湯)、シリーズC+ラウンドで6億2,000万米ドルを資金調達”. THE BRIDGE (2018年6月8日). . 2018閲覧.
  4. AIで“イケメン度”採点 「SNOW」のセンスタイムが開発 婚活アプリに応用も?”. ITmedia ビジネスオンライン (2018年4月4日). . 2018閲覧.
  5. 香港発のAIユニコーン企業「センスタイム」 顔認証で世界進出へ”. forbes (2017年11月6日). . 2018閲覧.
  6. SenseTime and Qualcomm to Collaborate to Drive On-Device Artificial Intelligence”. Qualcomm (2017年10月20日). . 2018閲覧.
  7. 中国AIベンチャーのセンスタイム、18年にも米国で新規株式公開とR&D施設建設へ”. morningstar. (2017年11月24日). . 2018閲覧.
  8. SenseTimeは、自動運転およびADAS分野へ本格市場参入に向け、Hondaと長期共同開発契約を締結”. sankeibiz (2017年12月7日). . 2018閲覧.
  9. アリババが顔認識センスタイムに640億円、評価額トップのAI企業”. forbes (2018年4月11日). . 2018閲覧.
  10. 世界最高の評価額をつけるAIスタートアップである中国のSenseTimeが、6億2000万ドルの追加ラウンドを完了”. techcrunch (2018年5月31日). . 2018閲覧.
  11. 巨大AI企業SenseTimeがビデオ技術のMoviebookへ$199Mの投資をリード、その戦略的意図は…”. techcrunch (2018年8月8日). . 2018閲覧.
  12. AI Unicorn SenseTime Bags USD1 Billion Funding From SoftBank China”. .YiCai global (2018年9月11日). . 2018閲覧.

関連項目

外部リンク