actions

告白教会

こくはくきょうかい、ドイツ語: Bekennende Kirche

教会をナチズムのプロパガンダの手段としようとしたヒトラーに抵抗して,ドイツのプロテスタント諸教会内に生れた信仰覚醒運動。最初諸教会は,ワイマール政権への反感などからヒトラーに好意的であったが,ナチス支持のドイツ・キリスト者が,1933年結成のルター派,改革派,合同領邦教会の連合体であるドイツ福音教会を牛耳り,聖書と宗教改革の信仰告白を脅かしたことから,これに反対する M.ニーメラーらの青年改革運動が形成され,同年 11月緊急牧師連盟を組織してドイツ・キリスト者に対抗,34年バルメン会議の宣言となって積極的にナチズムと対決した。こうしてドイツのプロテスタント諸教会は,国家統制下の教会と告白教会に二分。 36年ルター派領邦諸教会は別個の評議会をつくったが,改革派,合同派は告白教会内で,安楽死,ユダヤ人迫害に果敢に抵抗。結局地下活動に追いやられ,第2次世界大戦中は,逮捕,徴兵などで組織は大打撃を受けた。 48年ドイツ福音教会が再編されるとともに解消した。