actions

吉増剛造

吉増 剛造(よします ごうぞう、1939年(昭和14年)2月22日 - )

詩人。東京生まれ。1945年(昭和20)和歌山に疎開。第二次世界大戦後、東京へ移住。慶応義塾大学国文科卒業。『三田詩人』を復刊。同人誌『ドラムカン』を出して注目されるようになる。処女詩集『出発』(1964)にすでにエネルギーの爆発があるが、第1回高見順賞を受賞した『黄金詩篇(しへん)』(1970)に至って、「狂気を呼びこみ」「一切の説明的なるものを笑殺しつつ飛翔(ひしょう)し炸裂(さくれつ)する」「神速の行動者」(大岡信)となった。1970年から翌年にかけてアメリカ詩人アカデミーの招きでアイオワ大学に留学。1992年(平成4)から1994年まではブラジルのサンパウロに滞在。国内にいても絶えず居を移し、一か所に長くとどまっていたことがない。詩集に『王国』(1973)、『草書で書かれた、川』(1977)、『熱風』(1979。歴程賞)、『静かな場所』(1981)、『大病院脇に聳(そび)え立つ一本の巨樹への手紙』(1983)、『オシリス、石ノ神』(1984。現代詩花椿(はなつばき)賞)、『螺旋(らせん)歌』(1990。詩歌文学館賞)、『「雪の島」あるいは「エミリーの幽霊」』(1998。芸術選奨文部大臣賞)ほかがある。疾走することばが歩行へと移行、そこに「西行(さいぎょう)にも芭蕉(ばしょう)にも釈迢空(しゃくちょうくう)(折口信夫(しのぶ))にもなかった『優しみ』、恐らく日本文学史上唯一無二と言っていいものであるかもしれぬ『優しみ』」(松浦寿輝(ひさき)、1954― )があり、読む者をひきつける。時代の先端をいく、きわめて多産な現代詩人で、これほど多くの文学賞を受賞した詩人は少ない。詩の朗読を試み、写真展「アフンルパルへ」「心に刺青(いれずみ)をするように」ほかを国内外で開催。評論に『緑の都市、かがやく銀』(1986)、『透谷(とうこく)ノート』(1987)、『打ち震えていく時間』(1987)、『生涯は夢の中径(なかみち)――折口信夫と歩行』(1999)などがある。



楽天市場検索: