actions

原哲男



原 哲男(はら てつお、1934年昭和9年)3月21日 - 2013年平成25年)1月11日)は、日本お笑い芸人俳優。本名、柳原 哲也よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

来歴・人物

熊本県熊本市上近見町に生まれる。九州学院高等学校卒業後、剣戟の「富士川昇一座」に入って、九州を巡業する。また「島陽之助一座」にも籍を置いた。

1953年(昭和28年)、大阪に出て、「堀江洋子一座」に入る。その後、ストリップ劇場のコメディアンに転向して、新世界ジャンジャン横丁にあった「温泉劇場」などに出演していたが、生活に困窮し、堀江洋子一座で一緒で「島陽之助一座」にいたころからの旧知の島田洋之介に誘われ1963年(昭和38年)、吉本興業に入社する。

以後、吉本新喜劇で活躍し、1969年(昭和44年) には座長になる。また、『てなもんや三度笠』では、毎回CM時に藤田まこと白木みのると掛け合いで登場し、レギュラー出演していた。新喜劇では四角い顔と黒い丸ぶち眼鏡、鼻ひげのイメージから「カバ」の愛称で親しまれ、「誰がカバやねん!」とか「死なん程度に殺したる」などのギャグで笑いを誘った。

1983年に大阪市天王寺動物園のカバが出産した際、名前を一般公募したところ圧倒的多数で「テツオ」に決まったことはよく知られている。なお出産直後に父親が死亡、その後テツオが母親と交尾するところが目撃された。テツオは現在も天王寺動物園で健在である。

1990年に新喜劇を脱退。以降、『部長刑事』や『てなもんや三度笠』時代から親交があった藤田まことの作品などのドラマに出演し、幅広い活躍をした。その一方、新喜劇退団後も、ABC朝日放送で毎週日曜日に放送されていた『日曜笑劇場』に、ゲストとして出演や地方公演での新喜劇出演などをした。

2013年1月11日、肝がんのため大阪府堺市の病院で死去[1]。78歳没。 新喜劇の役柄では三枚目を演じていたが、実際には自らを二枚目だと思っており、動物に似ている芸能人というテレビ番組の企画で、カバに似ている芸能人としてオファーを受けた際には「あれは舞台での設定の話や。」と言って断るなど、プライベートではカバに似ているといわれるのを嫌悪していたという。[2]

出演

テレビ番組

ラジオ番組

CM

映画

関連項目

脚注

  1. 「誰がカバやねん」原哲男さん肝がんで死去 享年78歳 シネマトゥディ 2013年1月23日閲覧
  2. 吉本興業商品カタログ。マンスリーよしもと