actions

千葉弁

千葉弁(ちばべん)または房総弁(ぼうそうべん)は、千葉県で話されている日本語の方言である。房総地域は西関東方言東京方言埼玉弁など)と東関東方言茨城弁栃木弁など)の移行地域であり、北西部では江戸言葉の影響を強く受けているなど、隣接地域と区別されるような顕著な特徴は見出しにくい。県内の方言のまとまりも薄いため、「千葉弁」ないし「房総弁」として括られることは少なく、千葉県内の諸方言をまとめて指す便宜的な呼称という面が強い。北西部の東京通勤圏では首都圏方言が広がって伝統的な方言はほとんど姿を消している。

区分

西関東方言に分類されるが、方言学者の飯豊毅一は、千葉県の方言を埼玉県東部などとともに「東南部関東方言」とし、音韻の面で東関東方言と相通じる面を持つとしている[1]。北西部や都市部の40代以下の層では首都圏方言が主体となっているが、「かたす」(片付ける)など若年層でも継承されている語彙や表現もある。

  • 房州弁・・・房総半島南部で広く話されている方言。
  • 東総弁・・・房州弁と茨城弁の中間的な方言で、主に北東部で使われる。
  • 野田弁・・・野田市周辺の方言。茨城弁と連続し、無アクセント。埼玉県東部で話される葛飾方言に含まれることもある。

発音

アクセントは北部と南部は中輪東京式アクセント、中部は中輪東京式アクセントの変種、野田市付近が無アクセントである。千葉県中部のアクセントは、中輪東京式アクセントを基にして、アクセント型が広母音(a,e,o)か狭母音(i,u)かによる制限を受けたものであり、裏日本的音韻体系をもつ方言に特徴的な現象である。

全県的にイとエの混同、イ段・ウ段の中舌化があり、北部にはカ行・タ行の濁音化もあり[2]東北方言的特徴を持つ。またガ行鼻濁音は北部のみにみられる[2]。南部ではカ行子音の脱落が聞かれる[2](例:「かかと」→「かあと」[3])。

主な文法

関東方言(西関東方言、東関東方言)に広く共通する特徴がみられるが、どちらかというと東関東方言に属す要素が多い。例えば推量は北西部を除き「だんべー」ではなく「だっぺ」や「だべ」を用いるほか、北東部では方向を表す「へ」に「さ」を用いることがある。内房南部では形容詞連用形の語幹形が存在する。

関連項目

脚注

  1. 飯豊ほか編(1984)、10-16頁。
  2. 2.0 2.1 2.2 飯豊ほか編(1984)、114-120頁。
  3. 国立国語研究所『日本言語地図』地図画像第129図、2018年3月21日閲覧。

参考文献

  • 大野晋柴田武編(1977年)『岩波講座 日本語11方言』(岩波書店
  • 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編(1984年)『講座方言学 5 関東地方の方言』(国書刊行会)

外部リンク