actions

北海道立三岸好太郎美術館

ファイル:Hokkaido archive.jpg
北海道立文書館別館(2006年当時、現在は北菓楼札幌本館)。移転前はここが北海道立三岸好太郎美術館であった。

北海道立三岸好太郎美術館(ほっかいどうりつみぎしこうたろうびじゅつかん、Migishi Kotaro Museum of Art, Hokkaido)は、北海道札幌市にある北海道立近代美術館の分館である。設置者は北海道。

概要

北海道立三岸好太郎美術館は、札幌出身の画家である三岸好太郎の功績をたたえ、彼の作品・関係資料の収集・展示を行なっている美術館である[1]。作品が遺族から北海道へ寄贈されたことを機に発足した[1]

沿革

  • 1967年(昭和42年)9月 - 北海道立美術館三岸好太郎記念室として開館[2]
  • 1977年(昭和52年)6月 - 北海道立三岸好太郎美術館と改称[1]
  • 1983年(昭和58年)7月 - 現在地に移転[3]
  • 2011年(平成23年) - 北海道の「北海道立美術館条例(昭和42年3月20日条例第3号)」が改正され、北海道立近代美術館の分館として位置づけられることとなる。名称は引き続き「北海道立三岸好太郎美術館」となる。

展示

  • 所蔵品展 - 三岸好太郎の生涯にわたる代表的作品を展示
  • 特別展 - 三岸好太郎の芸術をさまざまな観点から展示
  • 講演会 - 美術講演会や土曜セミナーを実施
  • コンサート - 三岸好太郎の〈オーケストラ〉にちなんだ音楽会[4]

所在地・開館時間等

  • 所在地 北海道札幌市中央区北2条西15丁目
  • 開館時間 9:30 - 17:00
  • 休館日 毎週月曜日(例外あり)、年末年始、展示替え期間等

アクセス

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 三岸好太郎美術館のあゆみ”. 北海道教育委員会. . 2014-6-3閲覧.
  2. “三岸節子さんらが講演 道立美術館開館を記念”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1967年9月3日)
  3. “三岸好太郎美術館が開館1カ月”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1983年8月5日)
  4. “グランドピアノ 華麗な旋律 三岸美術館でコンサート”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1989年1月15日)

関連項目

外部リンク

座標: 東経141度19分58.2秒北緯43.061583度 東経141.332833度43.061583; 141.332833

テンプレート:Art-museum-stub