actions

北川石松


北川 石松(きたがわ いしまつ、1919年1月28日 - 2013年5月19日)は、日本政治家環境庁長官第24代)、衆議院議員(6期)、大阪府議会議員(5期)、寝屋川市議会議員(1期)等を歴任した。

長男は寝屋川市長の北川法夫、次男は衆議院議員の北川知克[1]

略歴

大阪府寝屋川市生まれ。関西大学法学部中退。

1951年寝屋川市議会議員選挙に出馬し、初当選した。1955年には大阪府議会議員選挙に鞍替えし、当選。以後5期連続で当選し、1970年には大阪府議会議長に就任する。1976年第34回衆議院議員総選挙自由民主党公認で旧大阪府第7区から出馬し、当選。当選後は三木派に属し、三木武夫の薫陶を受ける。

自治政務次官、衆議院外務委員長などを経て1990年2月、第2次海部内閣環境庁長官に任命され、初入閣。環境庁長官在任中は自然環境への影響を懸念する立場から長良川河口堰の建設に異議を唱え存在感を発揮するも金丸信ら自民党建設族の反発を受け、1993年第40回衆議院議員総選挙では落選した。1996年第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制の導入に伴い新設された大阪12区から自民党公認で出馬したが、新進党公認の樽床伸二に敗れ、落選。次男・北川知克に地盤を継承し、政界を引退した。

2013年5月19日老衰のため大阪府寝屋川市自宅死去[2]。94歳没。叙従三位

著書

脚注


議会
先代:
愛野興一郎
日本の旗 衆議院外務委員長
1986年
次代:
山口敏夫
公職
先代:
志賀節
日本の旗 環境庁長官
第24代:1990年
次代:
愛知和男

テンプレート:環境大臣