actions

北島町


北島町(きたじまちょう)は、徳島県北東の平野部に位置する町で、徳島県内では最も面積の小さい自治体。数少ない人口増の町でもある。本項では町制前の名称である北島村(きたじまそん)についても述べる。

かつては日清紡徳島工場や東亜合成化学徳島工場、そして東邦レーヨン徳島工場(2001年閉鎖)などの企業城下町として栄えた北島町だが、近年は徳島市のベッドタウンとして発展を続けてきた。

特に鯛浜地区では大型商業施設のフジグラン北島が開店して以降、急速に宅地開発や商業施設の立地が進んでおり、徳島県内でも有数の発展地域となっている。

ちなみに、町の人口密度は1km2あたり2568.2人で四国の全市町村の中で一位(2015年平成27年)10月現在)。また、隣町の藍住町は同三位。二位は香川県宇多津町である[1]


地理

北島町は吉野川河口の三角州上に位置している。町の北側を旧吉野川が、町の南側を今切川が流れており、両河川がひょうたんの様な形の中州を形成。その丁度西側に当たる地域が主に北島町となっている。(東側は主に松茂町)なお町内に山は無く、起伏もほとんど無い。

  • 川:旧吉野川、今切川、鍋川

隣接している自治体

歴史

行政

警察

経済

商業

  • 大型商業施設
  • 主な商店街
    • 北高ロード商店街(以前は東邦レーヨン前商店街という名前だったが、工場が閉鎖になった事から名称を変更した。)

産業

地域

人口

北島町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

教育

高等学校

中学校

小学校

その他

交通

鉄道

四国旅客鉄道(JR四国)高徳線が徳島北高校付近で町内を通るが、駅はない。勝瑞駅(藍住町所在)や吉成駅(徳島市所在)が利用可能な地域がある。

路線バス

道路

徳島県道14号松茂吉野線
徳島県道29号徳島環状線
徳島県道39号徳島鳴門線
徳島県道167号北島池谷停車場線
徳島県道188号今切港線
徳島県道302号鯛浜中村線

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

ファイル:SUNLIFE AND LIBRARY OF KITAJIMA.jpg
北島町立図書館・創世ホール

北島町出身の有名人

脚注

関連項目

外部リンク