操作

勝央町

しょうおうちょう
勝央町
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
勝田郡
団体コード 33622-0
面積 54.05km2
総人口 11,000
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 204人/km2
隣接自治体 津山市美作市
勝田郡奈義町久米郡美咲町
外部リンク 勝央町

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

ファイル:Japan National Route 179 -03.jpg
勝央町中心部の国道179号

勝央町(しょうおうちょう)は、岡山県の北東部に位置し、坂田金時終焉の地として知られるである。町名は勝田郡の中心を自負して命名された。

地理

中国山地の南部に位置し丘陵と山林が大半を占める。町の中心にあたる勝間田はかつて出雲往来の美作7駅の1つとして繁栄した。

  • 河川: 滝川

隣接している自治体

歴史

2006年10月、町内黒土(くろつち)の大河内遺跡で西日本では類例の少ない神子柴型石斧を含む石器類が出土した。これにより、縄文時代草創期からこの土地に人が住んでいたことが明らかになった。 また、勝央町は菅原姓つまり、菅家七流派である野上、植月、有元、原田などがいる。

行政

経済

産業

姉妹都市・提携都市

国内

地域

人口

勝央町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

教育

交通

鉄道路線

道路

高速道路
一般国道
都道府県道

バス

高速バス

一般路線バス

  • 中鉄北部バス
    • 津山広域バスセンター-勝間田駅
  • 美作市営バス(かつたバス)
    • 津山市内各高校-津山広域バスセンター-植月西-石生-真加部下-梶並

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

出身有名人

外部リンク