操作

八鹿酒造

八鹿酒造株式会社
YATSUSHIKA BREWERY Co.Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
879-4692
大分県玖珠郡九重町大字右田3364
設立 1949年(1864年創業)
業種 食料品
事業内容 清酒・焼酎・リキュールの製造及び関連商品の販売
外部リンク http://www.yatsushika.com/
テンプレートを表示

八鹿酒造株式会社(やつしかしゅぞう)は、大分県玖珠郡九重町本社を置く酒類製造会社である。

概要

1864年元治元年)に舟来屋(ふなこや)として創業。現在も当時の仕込蔵が残っている。この蔵には現存する中で九州最古の鏝絵と屋号が描かれている。しかし、灌漑工事に私費を投じたため財産が底をつき、酒造権を一時手放すことになる。

1885年明治18年)、三代目の麻生観八が酒造免許を取得して舟来屋を再興すると、地元の竜門の滝にちなんで名づけた日本酒「龍門」を発売。後に、観八と杜氏の仲摩鹿太郎の名前からそれぞれ1字ずつを取って「八鹿」と改めた。その後、1949年昭和24年)には有限会社麻生酒造場、1967年(昭和42年)には八鹿酒造株式会社に組織を変更。この間に「八鹿」は大分を代表する清酒に成長し、今日に至るまで愛されている。

また、長年日本酒を主力製品としてきたが、1980年(昭和55年)には、大分県名産のかぼすを使ったリキュール「かぼすリキュール」を発売。1998年平成10年)には麦焼酎「銀座のすずめ」を発売し、麦焼酎の製造・販売を本格的に開始している〈麦焼酎自体、は1983年(昭和58年)から発売〉。

永年にわたり、地元テレビ局[1]の夕方の天気予報を提供しており、酒類とは無縁な子供にも認知度が極めて高い。この天気予報のジングルは南こうせつとかぐや姫[2]が歌っている。

所在地

  • 大分県玖珠郡九重町大字右田3364番地

JR九州久大本線恵良駅より徒歩約3分。試飲などができる「舟来蔵」が設けられており、蔵の見学も可能(要予約)。

主要な銘柄

  • 日本酒
    • 八鹿
    • 笑門 八鹿
  • 焼酎
    • 銀座のすずめ
    • なしか!
  • リキュール
    • かぼすリキュール

脚注

  1. OBS大分放送
  2. 南こうせつ・森進一郎・大島三平で構成される第1期かぐや姫。

外部リンク