操作

全日空724便ハイジャック事件

全日空724便ハイジャック事件
場所 函館空港
標的 全日空 724便
日付 1977年昭和52年)3月17日
概要 ハイジャック事件
犯人国立大学生の無職の男
対処 乗客が犯人を取り押さえ函館空港へ緊急着陸後に北海道警函館中央署が犯人を逮捕
テンプレートを表示

全日空724便ハイジャック事件(ぜんにっくう724びんハイジャックじけん)は、1977年3月17日全日本空輸724便(ボーイング727型機)がハイジャックされかけた事件である。

事件の概略

全日空724便は千歳空港から仙台空港に向かう短距離路線として運航されていた。同機には乗員7人、乗客36人が搭乗していた。

午後0時40分ごろ青森県下北半島上空5200メートルを巡航中、突如男がナイフのようなものを客室乗務員にかざし、操縦室のドアを開けるように強要した。

だが客室乗務員は犯行前から男の様子がおかしかったため警戒しており「トイレはこちらです」と対応した。すると男が逆上して客室乗務員にナイフを突きつけた。この行動に対し乗客4人[1]がハイジャック犯を取り押さえた。

724便は午後1時24分に函館空港に緊急着陸し、北海道警察函館中央署航空機の強取等の処罰に関する法律違反で逮捕された。

犯行動機

被疑者は当時27歳の北海道岩見沢市在住の元国立大学生の無職の男だった。犯行動機として大学哲学を学んでいたが独学でもできると思い退学したが、思うようにいかなくなったため、親に経済的負担をかけたくないので、どこか近くの外国に行くためにハイジャックしようとしたという漠然とした動機であった。

なお、仙台・千歳便を選んだ動機は運行便が大きくないためハイジャックしやすいと思ったというもので、凶器のジャックナイフは右足の土踏まずに隠して保安検査をパスしていた。

脚注

参考文献

  • 藤石金彌、井上直哉「コックピットクライシス」主婦の友社 2001年、146-147ページ

関連項目

  • 全日空817便ハイジャック事件 - 関連性はないが、たまたま同じ日に仙台行きの全日空便がハイジャックされた事件である。
  • 中川雅治 - 現参議院議員・環境大臣。犯人を取り押さえた乗客4人の内の1人。

テンプレート:1977年の航空事故一覧