actions

入笠山

ファイル:Kiso Mountains and Mount Ontake from Mount Io.jpg
硫黄岳から望む入笠山周辺の山、西には天竜川を挟んで木曽山脈が対峙している。北東には釜無川を挟んで八ヶ岳が対峙している。

入笠山(にゅうかさやま、にゅうがさやま)は、長野県の中西部にある赤石山脈(南アルプス)北端の標高1,955 m

概要

赤石山脈(南アルプス)の最北部にある山で、いわゆる「南アルプス前衛の山」の一つである。ただし南アルプス国立公園の範囲には含まれない[1]。山頂には点名「入笠山」の二等三角点が設置されている[2]。山頂近くまでゴンドラリフトや車道が通じているため、比較的容易に登頂することができる。山頂からはほぼ360度の大展望が広がり、南・中央アルプス八ヶ岳はもとより富士山や、遠くは北アルプスなども望める。周辺には大阿原湿原や入笠湿原などがあり、これらの湿原に自生する植物を楽しむこともできる。

登山コースは、中央本線青柳駅またはすずらんの里駅からのコースもあるが、登山者は極めて少なく、沢入登山口からのコースが一般的であり、よく整備されている。植生保護のための動物侵入防止用の柵が設置されている。

この山の北東側の斜面に富士見パノラマリゾートがあり、冬季はスキーを楽しめる。一方西側には牧場が広がり、春から秋にかけてが放牧されている。

山頂付近にはJAXAの施設「入笠山光学観測所」が設置されており、スペースデブリ小惑星の探索に使用されている。

近隣の山

  • 守屋山 - 南アルプス前衛の山だが、距離はかなり離れている。
  • 釜無山

周辺にある山小屋

入笠湿原・入笠牧場付近に5軒の山小屋がある(うち1軒は休業中)[3][4]。山上には天体観測施設を備えた山荘がある[5]

交通

  • ゴンドラリフト(富士見パノラマリゾート)
  • 富士見駅から路線バスがかつて運行されていたが、平成23年に廃止された。
  • 平成18年からマイカー規制が実施されている。平成27年現在、4月から11月まで、沢入登山口から御所平峠までの区間に実施されている[3]

脚注

  1. 南アルプス国立公園の公園区域概要”. 環境省自然環境局. . 2012閲覧.
  2. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「kijyun」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  3. 3.0 3.1 天空の花園 入笠山”. 富士見町産業課. . 2016閲覧.
  4. 入笠小屋”. 2015年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2015閲覧.
  5. マナスル山荘新館”. 富士見町. . 2016閲覧.

関連図書

  • 『三省堂 日本山名事典』三省堂、ISBN 978-4-385-15404-6
  • 『新日本山岳誌』ナカニシヤ出版、ISBN 4-7795-0000-1
  • 『新・分県登山ガイド(改訂版) 長野県の山』山と渓谷社、ISBN 978-4-635-02365-8
  • 『東海・北陸の200秀山 下(東海・信州編)』中日新聞社、ISBN 978-4-8062-0599-9

関連項目

外部リンク